2007年4月23日

サッカーを楽しむこと

第7節・新潟戦は、前節の甲府戦に続き、素晴らしい試合内容でした。しかし結果は、共に引き分け。プロスポーツ、チャンピオンスポーツである以上、勝敗が何よりも大切なことは言うまでもありません。けれど、この2試合を見た人は、それと同じくらい大切なものを、改めて感じ取ったのではないでしょうか。サッカーを楽しむ、ということを。

新潟戦は結局、無得点に終わったサンフレッチェ。サッカーという競技の最大の見せ場は、ゴールシーンですから、それだけで判断すると、新潟戦は、楽しくない試合だったことになります。しかし、決してそんなことはありませんでした。エキサイティングでファンタジックなサンフレサッカーに、この日、ビッグアーチは大きな歓声に包まれました。

ゴールシーンこそ見ることができなかったけれど、この日、ビッグアーチに来場した人は皆、サッカーの楽しさを実感できたはずです。

完全に試合を制圧していたのにもかかわらず、ゴールネットを揺らすことができなかった1番の原因は、最後のフィニッシュにあります。選手も試合後、そこを改善していきたい、と口々に反省点を語っていました。

しかし、全く問題にすることはない、と僕は思います。

相手ゴール前への2列目からの飛び出しが増えてきたことや、シュートへの意識も格段に高くなっていること、そして、何よりも、相手守備を完全に崩した攻撃ができていることを考えると、得点量産は時間の問題だ、と思います。「いい形で攻めているのに、どうして得点できないのだろうか?」と思い悩むより、決定的場面を数多くつくっている事実をプラスに捉えるべきだ、と僕は思います。今のサッカーをやり続ければ、ちょっとしたキッカケで覚醒するのではないか、と思うのです。その時、サンフレは、各チームから最も恐れられるチームへと変身するのではないでしょうか。

皆から、「サンフレサッカーは楽しい!面白い!」と言われるようなサッカーを、ずっとやり続けることが重要です。そして、それが勝利への道につながっていく、と思うのです。

見て、楽しいサッカー!面白いサッカー!

それが、今のサンフレサッカーです!


sanfre

コメント

コメントをお寄せください