三原市のお店の最近のブログ記事

お好み焼 しず

あけましておめでとうございます!
リポーター 末田景子&デコヘラもみじちゃんです。

2013年もお好み焼き紀行をよろしくお願いします☆
記念すべき2013年第一号店はこちらです。

shizugaikan.JPG

三原市にある「しず」です。
お母さんの後を二代目として継いだ
看板娘=中里 静さんがおいしいお好み焼きを焼いて下さいます。

shizumenyu.JPG

「モダン焼きスペシャル」を注文!
スペシャルは、トッピングの中から4つ好きなものを選べます。
数多いトッピングの中で選んだのが、
「豚肉」「のしイカ」「もつ」「ライス」

広島市内では、ソバ入りを「モダン焼き」と呼ぶことは少ないので、
まずは、ここにびっくり。

トッピングの「もつ」も三原の方では多いんだとか?
「のしイカ」は、いわゆる「イカ天」ですが、
三原の表現では「のしイカ」が一般的。

shizuyakisoba.JPG

お好み焼きの焼き方も、三原では、広島市内とはちょっと違います。

生地を引いた後、生地の上ではなく、
鉄板にソバとキャベツをおいて、先に焼きそばを作ります。
味付けまでしっかりしてから、生地の上へ。

shizuoko.JPG

双子の卵を使うなど、工夫の多い一枚。
しずさんの笑顔にも引き込まれました。

shizukabe.JPG

そして、もう1つ!
カープファン必見☆
熱烈カープファンのしずさん、お店の壁も天井もカープだらけです。
熱いカープ談義もオススメ!

shizuminnade.JPG

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 しず編 〜
生地を作ってから一晩寝かすと使いやすくなりますよ!

お好み焼 しず
0848-63-8686
三原市皆実1−23−26

キャベツ:鳥取産
ソース:オタフクソース
麺:マルバヤシ

鉄板屋 大豆(おおまめ)

こんにちはぁ!
リポーター 末田景子&デコヘラもみじちゃんです。

2012年最後のお好み焼き紀行は、
ちょっと遠出をして、三原へ行って来ました。

omamegaikan.JPG

女性店主のなおちゃんこと宮田直美さんと、
お友達の金廣美恵子さんが、にぎやかに迎えて下さいます。

ここで頂いたのは、こちら♪

omamemenyu.JPG

「ぶに」と呼ばれるお好み焼きです。
しかも、三部作でシリーズ化されているの?と驚き!

一番人気!
「赤いぶに」を番組では紹介しました。

omamekimuti.JPG

「赤いぶに」の中には、
キムチポギ&のしイカ&豚肉ダブル&辛い麺が入っています。

そもそも「ぶに」とは、
「それ、私のぶに〜!取らんとってー」といった具合に使う三原の方言で、
「私の分」の、「分」を「ぶに」と言います。

つまり今回のメニューは、
お好み焼きの「赤い分」「白い分」「黄色い分」
ということになります。

omameoko.JPG

食材は、三原の近くで作られているものを使用。
キムチポギも、本場韓国と同じように作っているものを地元で見つけました。

その赤さは、結構なものですが、
辛いだけじゃなく、甘みも感じた後の刺激が心地いいお好み焼きでした。

「白いぶに」はグラタン、
「黄色いぶに」はカレーのお好み焼きです。

omameminnade.jpg

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 大豆(おおまめ)編 〜
そばにはウスターソースで味付け!
一気に三原風になりますよ♪

鉄板屋 大豆(おおまめ)
0848-67-8147
三原市城町1丁目6−8

キャベツ:熊本産
ソース:オタフクソースをベースにオリジナルに
麺:井上製麺

2013年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち三原市のお店カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは佐伯区のお店です。

次のカテゴリは自己紹介です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ