廿日市市のお店の最近のブログ記事

お好み焼き 千富

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

titomioko.JPG

今回は、シンプルな「肉玉そば」ながら、
いろんなアイデアいっぱいで完成した1枚を紹介!

titomigaikan.JPG

廿日市市の広島総合病院からほど近いお店。

「千富」は、店主の藤原千富さんのお名前から。
「ちとみ」と読みます。

では、千富さんのアイデアを一挙、公開♪

titomikechapu.JPG

まず、生地には「重曹(炭酸)」を投入させ、
パリッと仕上げます。
たこ焼きにできそうなくらい、サラサラの生地です。

麺は、細麺にケチャップで味付けして甘みを出します。

titomidasi.JPG

焼けた麺は、濃い昆布だしをたっぷりかけます。
しっかりした味を、だしで付けるんです。
塩は使用しません!

titomijouki.JPG

だしをかけると蒸気がいっぱい!

キャベツは、なるべく江田島産のものを。
仕上げに、すりごま&こしょう&青のりをかけます。
そして、「ネギ」は、好みでサービスなのは、
かなり、嬉しい☆

常連さんがホームページを作ってくれるなど、
お客さんにも恵まれているとおっしゃる千富さん。
お人柄の出る一枚です。

titomifutaride.JPG

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 千富 編 〜
ホットプレートの時は、鉄板を温めすぎず、
保温の状態で生地を焼くときれいに広がります。

お好み焼き 千富
廿日市市地御前1丁目16-8
0829-36-3568

ソース:オタフクソース
キャベツ:北広島産(あるときは江田島産)
麺:ひまわりフーズ

お好みハウス このみ

こんにちはぁ!
リポーター末田景子&デコヘラ もみじちゃんです。

今回は、廿日市市宮島口の「お好みハウス このみ」
konomigaikan.JPG

自宅と同じ敷地内建てれた、広島らしいお店です。
細い路地を入りますが、手作りの看板(お客さんが作って下さった)があるので、
迷うことはないですよっ!

konomisoba.JPG

こちらのお店は、山崎 勝正さん&美津枝さんご夫妻が、
昭和63年からスタート。

今は少なくなった、
昔ながらの作り方を続けていらっしゃいます。

その象徴的なのが、「さきめん」
生地の上に、先に麺を置く作り方です。

konomiosaeru.JPG

具材を置いた上に、ちょっとだけ「あげはん」を乗せ、
ひっくり返したら、特製の重しで押さえる押さえる!
ギューギューギューギュー!!!

そういえば、そばをほぐす時も、上からペタペタたたいていたっ。

konomiusui.JPG

厚さは1センチ強といったところ?

懐かしい味がするので、宮島口にありながら、
観光客だけでなく、地元の人に愛されている理由、わかります。

konomiminnade.JPG

うちのお好みは、絶対おいしい!と、自信を持って出して下さるのが、
また心強いっ♪

konomioko.JPG

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 このみ編 〜

あげはんを少しだけ入れてみて?
風味が増しますよ。

お好みハウス このみ
廿日市市宮島口2丁目9-21
0829-56-2648

キャベツ:お勧めのものを購入
ソース:市販ソース
麺:ひまわりフーズ

集いの杜 福の神

こんにちはぁ!
お好み焼き紀行 リポーターすえ(末田景子)&Myデコヘラもみじちゃんです。

fukunokamigaikan.JPG

今回は、廿日市市地御前のお店へ。
集いの杜 福の神
という、なんとも縁起のいいお名前。

お客さんが集えるお店にしたい、という願いが込められています。

fukunokamieraberumen.JPG

このお店は、そばを3種類の中から選べます。

昔ながらのうまうま麺
カリカリ仕上げの極細麺
辛党好みのからから麺

fukunokamimen.JPG

オーナー&お店を切り盛りする山田さん親子の、
美味しいと思った麺、ベスト3だそう。
この3種類はどれも甲乙つけがたかったとか。

その日の気分で選べるのが、
お客さんにとって、いいですね。

fukunokamioko.JPG

蒸らして作るのが基本なので、
キャベツは細めに切って、火の通りをよくしています。

そばが卵より、少しはみ出るようにひっくり返します。
見た目がおいしそうだから・・・と。
ホントだっ!!!

阿品・平良・宮内などへの配達もしてくださいますよ。

fukunokamiminnade.JPG

すえ&もみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方

〜 福の神 編 〜
家庭で作るよりお店に来て食べて下さい!

集いの杜 福の神
廿日市市地御前2丁目1−25
0829-36-0415
http://www.fukunokami99.com

キャベツ:熊本県産
ソース:オタフクソース
麺:升満食品

お好みハウス ぱる

こんにちはぁ!

お好み焼き紀行 リポーターすえ(末田景子)&Myデコヘラもみじちゃんです。

parufutaride.jpg

化粧品メーカーで、美容部員さんの育成をしていた店主の名越 真知子さん。

4年前に、地元でお好み焼きのお店を開店。

温かい笑顔で迎えて下さいます。

parukiji.JPG

ぱるのお好み焼きは、生地に昆布粉が入っています。

実は、生地だけでなく、いたるところに昆布が。

parusoba.JPG

お好み焼きの中に、とろろ昆布を入れ、
昆布のだしを投入。

そばにも、昆布がかかっています。

昆布でうまみを引き出すので、塩での味付けはなし!!!
これが身体に優しいのよ〜と教えて下さいました。

paruoko.JPG

ぱるのお好み焼きの特徴、
もう1つは「ネギ」。

お店の目の前にある畑で、作る直前に収穫。
なので、香りも甘みも違います。
お好み焼きの中にも入っていますが、
しっかり味わうなら、トッピングがオススメ。

はいから焼きも人気です。

parubetuoko.JPG

すえ&もみじちゃんのチャレンジコーナー

家庭でできるお好み焼きの上手な作り方

〜 ぱる 編 〜

おうちでも、昆布を多く使ってね。
そして、天かすも安くてうまみの出る食材です、とのこと。

お好みハウス ぱる
廿日市市河津原758
0829−74−3866

キャベツ:時期のものを見て
ソース:オタフクソース
麺:ひまわりフーズ

お好み焼き しんしん 宮内店

こんにちはぁ!

お好み焼き紀行リポーターすえ(末田景子)&Myデコヘラもみじちゃんです。


今日、お届けしたお好み焼き紀行は、

☆お好み焼き しんしん 宮内店☆


miyautigaikan.JPG

9月に放送した深川店の

2店舗目としてオープンした、

宮内店へお邪魔しました。


独自のメニューを開発し、

ファミリー向けのサービスも

充実しているので、

お昼過ぎに取材に行きましたが

お客さんもいっぱいでした。


sinsinkodawari.JPG

今回は、このお店の

「大切にしていること」

に、スポットを当ててみました。


お店入口にもドーンとこの通り。

皆さんにわかりやすく紹介されています。


キャベツは「材料の60パーセント」を占める、

生そばは「味の決め手」


想いは・・・「広島魂そのもの」ですから♪

どれもお好み焼きには欠かせません。

miyautioko.JPG

作ってもらったのは、

二種チーズ焼き。


レットチェダーチーズとナチュラルチーズ。

半々にかけてくれるので、

それぞれの味を食べ比べながら、

さらにミックスしたところも味わえる。

チーズ好きの女性などに人気とのこと。

miyautiminnade.jpg

すえ&もみじちゃんの

チャレンジコーナー

家庭でできるお好み焼きの

上手な作り方 

〜しんしん 宮内店編〜

そばをしっかり炒めてから入れてみて。


お好み焼き しんしん 宮内店

廿日市市宮内4489−1

0829-38-5505

宅配もしてくれますよ♪


キャベツ:鹿児島産

ソース:オタフク

そば:ひまわりフーズ

2013年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち廿日市市のお店カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは南区のお店です。

次のカテゴリは東区のお店です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ