東区のお店の最近のブログ記事

お好み焼き なおちゃん

あけましておめでとうございます。
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。
今年も、お好み焼き紀行をよろしくお願いします。

naochangaikan.JPG

新春、紹介のお店は、鉄板の厚みが特徴のお店です。

naochanteppann.JPG

通常より4ミリ程度厚い
20ミリの鉄板がこちらです♪

表面温度が高くなるので、しっかり火が入ります。

naochangyofun.JPG

店名にもなっている「なおちゃん」が焼いてくださいます。
魚粉をしっかり使うお好み焼き。

naochansoba.JPG

そばは、味付けをしてからお好み焼きの中へ。
やっぱり仕上がりまでの時間も早いです。

naochanoko.JPG

なおちゃんとお話をしたいという近所の常連さんが、
この日も、ランチタイムを過ぎてからも来店。
ほのぼのと、地域に根付いているお店です。

naochanfutaride.jpg

デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 なおちゃん 編 〜
ホットプレートでも、高温で焼いてくださいね。

お好み焼き なおちゃん
広島市東区若草町3−5
082‐261‐8860

ソース:オタフクソース
キャベツ:広島産
麺:うすい中華

お好み焼き 肉玉工房

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

ネーミングのかわいい「へるち〜焼」700円を紹介しました。

nikutamakoubouoko.JPG

見た目にはわかりませんが、
中に、ヘルシーなトッピングが。

・・・とその前に、お好みの焼き方です。

nikutamakoubouteppan.JPG

まずは、鉄板の上にお肉を置き、
さらに天かすを重ねます。

こうすると、肉がカチカチにもならず、
ジューシーにおいしく仕上がるそう。

nikutamakouboutoppi.JPG

ヘルシーなトッピングは「シソ」
他に、「チーズ」との組み合わせ。
人気のトッピングを、あえて独立メニューに。

nikutamakouboufutaride.jpg

若いのに、しっかり者の小澤佑之さんが作る「へるち〜焼」
麺には、ガーリックパウダーがかかっていて、
ほのかに香って食欲をそそる一枚。

nikutamakoubouisu.JPG

実は、店内の椅子も手作りです。

nikutamakoubougaikan.JPG

デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 肉玉工房 編 〜
甘みのある天かすを使ってみて。
コクが出ます。

お好み焼き 肉玉工房
広島市東区東蟹屋町4−13
082‐261‐4828

ソース:オタフクソース ほか
キャベツ:江田島産
麺:秘密

お好み焼 いっちゃん本店

こんにちはぁ!
リポーター末田景子&デコヘラ もみじちゃんです。

今回の放送は、
「黄金色に輝く最初に食べたお好み焼きが忘れられない」
という店主が、味を追求し続ける一枚!

icchanfutaride.JPG

市居 馨さんのお店「いっちゃん」です。

お好み焼きを語り始めると、熱い!
そのお話が面白くて、思わず聞き入っています。

icchanokonakami.JPG

そんないっちゃんが作って下さったのが、この一枚!
「牡蠣・そば・肉・玉子」

調味料は、魚粉のみ。
素材の味が楽しめるようにとの気遣いです。

icchankaki.JPG

牡蠣は、江田島から大粒のものを取り寄せて、
大胆にトッピング。
「中に入れないと、お好み焼きの一体感がないから!」
と、上には乗せません。

押さえるときに、つぶれないのか心配になりましたが、
そこは、長年のキャリアで絶妙な力加減です。

icchannoko.JPG

隣の人が頼んでいると、
そのまた隣の人も牡蠣を入れる。
1枚注文が入ると、牡蠣入りは伝染していくそう!

icchansupu.JPG

観光客には思いを一緒に持ち帰って欲しい・・・
プラス、地域の人にかわいがってもらわなければ・・・
という市居さん。

近所の人からもらった野菜で作ったスープが好評で、
今や、すっかりやめられなくなったサービス!
お好み焼きを食べると、サービスで頂けます。

牡蠣もスープも一年中、楽しめます。

icchangaikan.JPG

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 いっちゃん本店編 〜

生地をしっかり焼いて、中身は蒸し焼きで。

お好み焼 いっちゃん本店
広島市東区光町1丁目6-30
082-567-6776

ソース:オタフクソース オリジナル
麺:いその製麺
キャベツ:鹿児島産

お好み焼き はるみ

こんにちはぁ!
リポーター末田景子&デコヘラもみじちゃんです。

お邪魔したのは、
生地を使わないお好み焼きを作る「はるみ」です。

harumigaikan.JPG

自宅の一角を改装して2008年にオープンしました。

店主:高本正行さんが考案した作り方はこんな感じ♪

harumikijinasi.JPG

生地を使わないので、鉄板の上に直接、厚めに切った豚肉。
その上にもやし。

harumiajituke.JPG

キャベツは自然の甘みが出るよう、
内緒の味付けをしっかりと・・・

蓋を使って、しっかり蒸します。

harumiebi.JPG

麺の上に桜エビ。
ラードは使わず、ヘルシーな仕上がりに。

harumioko.JPG

卵は2個使い。
生地がなくても、全く違和感なし!
あっさり頂けるお好み焼き。

生地は、鉄板の上で食べていると、
だんだん硬く焼けてきて、食べにくくなることから、ナシにしたそう。

harumisinkuu.JPG

持ち帰り用は、真空パックにしてくれます。
持ち帰る場合は、卵がかたくならないよう、
だし巻卵を使います。
高本さんの気遣いが嬉しい。

お値段は、
いわゆる「肉玉そば」の、はるみ焼きが500円!と、お手頃。

harumisoba.JPG

その他のメニュー:ペペロンチーノ
ソバを使って作る「はるみ」オリジナル。
焼きラーメンのようなお味。

harumikakuni.JPG

豚の角煮。
これまた、驚きの柔らかさでジューシー。

とにかく、人のいい高本さん。
いろんなお話しをお聞きできます。

harumifutaride.jpg

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 はるみ編 〜

フライパンの蓋を使って蒸して。
押さずに作るのがオススメ。
生地もナシにしたらおいしくなるよ!

お好み焼き はるみ
広島市東区曙3−3−23
090-5378-7471

キャベツ:広島県産
ソース:オタフクソース
麺:うすい中華

ブラッスリー・ヴァンダンジュ

こんにちはぁ!

お好み焼き紀行 リポーターすえ(末田景子)&Myデコヘラもみじちゃんです。

burasuriminnade.jpg

今日は、驚きのお好み焼きを紹介です!
ブラッスリー・ヴァンダンジュという店名は、
「ブラッスリー」が「ビアホール」
「ヴァンダンジュ」が「ブドウの収穫」
という意味があり、フレンチのお店。

ここに「ヴァンダンジュ風お好み焼き」というメニューがあるんです。
フレンチで、広島のソウルフード???

burasurioko.JPG

早速、作って頂いた完成品はこちら♪
あれれれっ???
形状が全然、違う〜!!!

実はフレンチのソバ粉を使ったお料理=ガレット。
これが、「何を入れてもおいしく頂ける」お料理で、
広島のお好み焼きと似ているから・・と、
お店で考案されたそう。

burasuritochu.JPG

ソバ粉の生地の上に、
あらかじめ熱を加えたキャベツ、
ソバの代わりにパスタを入れ、
卵は、プルプルの目玉焼きを仕上げに上へ。

開店した際に、広島らしいメニューを作りたいと、
誕生したお好み焼き。
フレンチと広島のコラボレーションといったところでしょうか?

今回は、ナイフとフォークで頂く、珍しい回でしたよっ☆

burasuriosaketo.JPG

すえ&もみじちゃんのチャレンジコーナー

家庭でできるお好み焼きの上手な作り方

〜 ブラッスリー・ヴァンダンジュ 編 〜

キャベツを先に炒めておくと、軽く歯ごたえのある仕上がりになりますよっ!

ブラッスリー・ヴァンダンジュ
広島市中区東白島町13−6−2階
082-502-7752

キャベツ:広島県産
ソース:イタリア産トマト缶
麺:ディチェコ(イタリアのパスタ)

2014年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち東区のお店カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは廿日市市のお店です。

次のカテゴリは東広島市のお店です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ