南区のお店の最近のブログ記事

お好み焼き 麦

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

今回は、麺が特徴的なお店を紹介♪
mugigaikan.JPG

その名も「麦」

「全粒粉麺」という
小麦の表皮や胚芽、胚乳などをすべて含んだ栄養価の高い麺ですが、
これが、味ももっちりして美味しく、魅力十分。

mugimen.JPG

全粒粉麺は、向かって左側。
まるで、日本そばのよう・・・

mugiosae.JPG

もちろん、麺だけが特徴ではなく、
店主:高雄 泉さんのお父さんが作っているという
安芸高田市のキャベツを使用。
朝採れ新鮮そのもので、雪が付いたまま運ばれてくることも。

mugioko.JPG

昔懐かしい味を再現するためにお好み焼きは押さえます。
上には、黄身をつぶしながらも半熟の卵が乗ります。
目玉焼きよりも半熟状態が続くので、いいですよ。

muginakami.JPG

存在感十分の全粒粉麺。
麺は、醤油のような秘密の4種の調味料で味付けしてあります。

優しい泉さんの笑顔が何よりの美味しさにはなっていますけどね☆彡

mugifutaride.JPG

デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 麦 編 〜
天かすは、味の決め手となるので、おいしいものを使って。

お好み焼き 麦
広島市南区出島1−2−15
082‐259‐3633

ソース:オタフクソースをブレンド
キャベツ:安芸高田市
麺:うすい中華(全粒粉麺)

ハイボール酒場 がんぼ

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

ラーメン店の二号店?として誕生したお好み焼き店が登場です。

gannbogaikan.JPG

JRAウィンズ広島の目の前、
センイシティひろしまの商店街の中にある、
ハイボールも楽しめるお店です。

ganbosupu.JPG

ラーメン店からのお好み焼き店ならでは!
なんと、ラーメンスープを使います。

ganbosupukake.JPG

そばの上にスープをかけて味付けをします。
しっかり、そばに味がしみ込んでいきます。

gannbotamago.JPG

そばの上に卵を落とします。
そばとキャベツ・お肉などの間に卵が入ります。

ganbokoge.JPG

その証拠に、こんがり焦げ色がつきます。
これは、計算通りなんですよ。

ganbooko.JPG

化学調味料は使わないけれど、
しっかりした味わい。
ハイボールも進むこと間違いなしです。

近藤夫妻。
ご主人監修のもと、奥様が作ってくださるお好み焼きです。

ganbominnade.JPG

デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 がんぼ 編 〜
ラーメンスープを使っての味付け、チャレンジしてみて。
鶏がら粉末スープなどで気軽に楽しんで。

ハイボール酒場 がんぼ
広島市南区的場1−4−8 的場KK館1階
082‐264‐0139

ソース:オタフクソース
キャベツ:鹿児島県産
麺:原田製麺

お好み焼き おっこん商店

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

このたびは、
「この季節がやってきました☆」
という、広島らしい1枚を紹介。

okkonkaki.JPG

地御前の牡蠣がトッピングです。
「大粒カキ 450円」

okkonana.JPG

作り方は、いたってシンプルな味付けが特徴。
カツオ、昆布、塩、こしょうのみです。

よく見ると、ひっくり返した後、キャベツの中央に穴が。
蒸気を通す穴です。
これで、しっかり蒸されます。

ookonoko.JPG

キャベツと麺の間に牡蠣が!
広島名物のコラボ。

牡蠣の季節は、地元の人も注文しちゃいますよね。
身が縮まない、おっこん商店自慢の大粒カキです。

okkongaikan.JPG

他にも、「もみのり」「温泉卵」といったトッピングもあります。

店主 宮武哲広さんとポーズ♪

okkonfutaride.jpg

デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 おっこん商店 編 〜
生地に「白だし」を入れてみて。
お店の場合は、
水4リットルに対して200ミリリットルの白だしだそう。

お好み焼き おっこん商店
広島市南区段原2丁目14−9
082‐263‐7246

ソース:市販ソース
キャベツ:愛知県産
麺:松乃屋製麺

お好み焼き、鉄板焼 もくれん

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

今回は、広島駅前の広島お好み物語 駅前広場から!です。

mokurengaikan.JPG

番組では、肉ダブル、イカ天、ネギ、大葉、半熟玉子
という、人気トッピングがセットになった
お店一押しの「もくれんスペシャル」を紹介。

mokurenkiji.JPG

とても印象的だったのが、
「魚粉」で味付けするところ。

mokurengyofun.JPG

生地、キャベツにたっぷりの魚粉。

mokurentoppingu.JPG

そばの上にもかかります。

魚粉は、素材の味をグンと引き出してくれますが、
たっぷりかかると、風味を感じますので、
意識して、よくよく味わってみて下さい。

野菜は一回も押さえることなく、重ねられました。

mokurenoko.JPG

完成した「もくれんスペシャル」

mokurentamago.JPG

目でもおいしいお好み焼き♪

mokurenfutaride.jpg

デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 もくれん編 〜
ラードをひいて焼いてみて下さい。
サラダ油より高温になるので焼きやすいです。

お好み焼き、鉄板焼 もくれん
広島市南区松原町10−1広島フルフォーカスビル6階
082‐568‐7850

ソース:オタフクソース
麺:磯野製麺
キャベツ:群馬県産

お好み焼き 鉄板焼き ヒバゴン

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

ニックネームが「ヒバゴン」
山本祐揮さんのお店です。

hibagonfutari.jpg

お好み焼きの前にそもそもヒバゴンって???

hibagonkabe.JPG

店内にあるヒバゴンの絵にご注目!
お友達が描いて下さったヒバゴン。

比婆郡に生息する?といわれている未確認動物のこと。

hibagonnegi.JPG

そんな、店主ヒバゴン・・・
じゃなかった、山本さんがオススメしてくださったのが、
トッピングの「ピリ辛ネギ」

ラー油と一味で和えたものですが、
ピリ辛ネギをネギかけすると、これがいい香り♪
食欲がわいてくるんです。

トッピングはすべてが100円という太っ腹!

hibagonkyabetu.JPG

大きく切ったキャベツですが、それをしっかり押します。

hibagonosi.JPG

修業したお店を師と仰ぎ、
その味に近づけたいと心をこめて焼いていらっしゃいます。

18歳の時から、お好み焼きの仕事一筋!
お若いながらにキャリア充分のお店です。

hibagongaikan.JPG

デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 ヒバゴン 編 〜
ラー油と一味和えのネギ、試してみて。
おうちでも簡単ですよ!

お好み焼き 鉄板焼き ヒバゴン
広島市南区出汐3丁目10−3
082-256‐6139

ソース:市販ソース
キャベツ:広島県産
麺:山本製麺

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち南区のお店カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは中区のお店です。

次のカテゴリは廿日市市のお店です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ