中区のお店の最近のブログ記事

お好み焼・鉄板焼 次郎吉

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

広島テレビからも近いニューオープンのお店です。
jirokitigaikan.JPG

ニューオープンでも店主の福井恭平さんは、
有名店でしっかり修行をし、満を持しての開店。

なので、作り方も1つ1つアイデアがいっぱい♪

jirokitigoma.JPG

まずは、生地の上にすりごま!
珍しい。
開店を見越して、たくさんのお店に食べに行き、研究を続けていたんです。

jirokitiikaten.JPG

懐かしのとろろ昆布も入ります。

店名にもなっている「次郎吉」は、ねずみ小僧 次郎吉のこと。
有名な五右衛門の子分で「盗人」です。
出向いたお店でアイデアを盗人することもあるとか?

(福井さんがどこで修行していたかもわかりました(笑)?)

jirokitisiso.JPG

麺にはかつおだしがかかります。

しそ・ねぎ・イカ天の入ったメニュー「次郎吉」
福井さんが好きなトッピングを集めた一枚を店名と同じメニューにしました。

jirokitioko.JPG

お客さんのことを思う言葉が多かったのが印象的な店主 福井さんでした。

jirokitiminnade.jpg

デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 次郎吉 編 〜
とろろ昆布を入れると懐かしい味になりますよ!

お好み焼・鉄板焼 次郎吉
広島市中区中町9−26 トミヤビル2階
082‐249‐8632

ソース:オタフクソース
麺:ひまわりフーズ
キャベツ:愛知産


お好み焼 かっくん

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

今日は、「置きヘラ」のしてあるお店です。

kakkunhera.JPG

お客さんが置いていったものが、だんだんと増え、
いつの間にか素敵なヘラの壁が完成しているかっくん。

kakkunfutaride.jpg

店主:加来多美枝さんのお人柄に、多くのお客さんが集まります。

気になるお好み焼きの特徴は・・・

kakkunchukamen.JPG

山本食品のラーメン麺を使います。
通常の麺よりも早くでき、
しかも、もちもちして美味しいので加来さんも気に入ったそう。

kakkunnakami.JPG

昔ながらのお好み焼きで、もやしはたっぷり♪
素朴な味わいで、広島の「味」も「雰囲気」も、
しーっかり満喫できるお店です。

kakkunudon.JPG

うどんも人気で、珍しい平麺です。

kakkunoko.JPG

デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 かっくん 編 〜


お好み焼 かっくん
広島市中区舟入幸町22−2
082‐295‐2348

ソース:
キャベツ:
麺:山本食品

お好み焼き 鉄板焼き フジヤマ

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

9月28日にオープンしたばかりのお店「フジヤマ」です。
店主の名刺は「焼き師 市川 博之」さんになっています。
焼き師、ロッケンロールなノリです。

fujiyamaminnnade.jpg

そんな市川さん、一番左の頭にタオルがよく似合う男性。
お好み焼き紀行をよく見て下さっているとのことで、
リポーター末田&デコヘラもみじちゃんも、感激!

fujiyamaniku.JPG

シンプルな作り方こそ、おいしさが引き立つという焼き師ですが、
お肉は、厚めにカットされているもの。
生地は大きくひき、
キャベツ、天かす、モヤシも多めです。

fujiyamasoba.JPG

麺は、独自の舌で選んだという生麺。
パリッと仕上げなのに、味わい深い麺です。

fujiyamaoko.JPG

キャベツの食感を残すため、
上から押さえるのは控えめ。

fujiyamaokonakami.JPG

焼き師のお人柄もあって、お店主催のボーリング大会なども。
お好み焼きと一緒に、フジヤマワールドを楽しんでほしいです。

お昼にはワンコイン定食もありますよ。

fujiyamagaikan.JPG

デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 フジヤマ 編 〜
ひっくり返した後、生地をめくって、
キャベツが白&透明の入り混じったころが食べごろ。
タイミングを逃さぬよう・・・

お好み焼き 鉄板焼き フジヤマ
広島市中区舟入川口町17-1
082‐296‐6412

ソース:オタフクソース
キャベツ:長野県産
麺:松乃屋製麺

鉄板料理 こぱん亭

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

今回は、優しく正直なお好み焼き☆
お人柄の出る一枚を紹介しました。

kopanfutaride.JPG

ご主人の鬼頭 典久さん!
実は、元々はフレンチのシェフとして、
市内中心部でお店を持たれていました。

kopangaikan.JPG

も「もっとお客さんと距離を縮め、自分らしくお店をしたい」と、
突然の転を決意。
鷹野橋商店街の近くに、お好み焼きのお店をオープンされました。

kopannaikan.JPG

物静かながら、優しさが全身からあふれ出る鬼頭さん。
仲間も多く、壁のイラストもお友達が書いて下さったそう。

kopanmoriage.JPG

お好み焼きは、昔食べた懐かしい味を再現したいとおっしゃいます。
基本に忠実な作り方。

kopantochu.JPG

オリーブオイルを使ったり、オムレツ風の卵にしてみたり、
フレンチのテイストを試したこともあるとのことですが、
やっぱりお好み焼きは、シンプルが一番!
基本に戻ったそうです。

kopanoko.JPG

好評につき、気がつけば、フレンチメニューも復活。
フォアグラや燻製も食べられる、
メニューの幅がひろーいお店です。

デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 こぱん亭 編 〜
キャベツをじっくり蒸らす。
豚肉も香ばしく焼いたらおいしいですよ。

鉄板料理 こぱん亭
広島市中区大手町5丁目8-13ECHOビル1階
082-246‐7724

ソース:オタフクソース
キャベツ:群馬&広島県産
麺:ひまわりフーズ

お好み焼 みっちゃん総本店 雅

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

あの有名店が、また新たな魅力でオープンです。

miyabigaikan.JPG

そごう広島店10階にオープンした
みっちゃん総本店 雅

miyabinaikan.JPG

一見、お好み焼き店ではないような・・・
でも鉄板がある(笑)大人の雰囲気。

瀬戸内の食材を堪能できるお店として誕生しました。
お好み焼きは、もちろんですが、
もみじ豚、地アナゴ、三良坂チーズ、帝釈峡シャモ、せんじがら、など・・・
広島人でも「おっ!」と思うような素晴らしい食材のメニューが並びます。

miyabikosu.JPG

今回のお好み焼きは、こちら!
「店長オススメ焼き」
店長の三嶋 慎二さんが考案する気まぐれお好みです。

miyabisisojako.JPG

丁寧に「じゃこ」をごま油で炒めたものと、
大葉が入ります。

和風テイスト!

miyabioko.JPG

仕上がりは、
広島人のよく知る「みっちゃん総本店」のお好み焼きですが、
中からは、ふんわりとじゃこと大葉の香る一枚。

miyabiwain.JPG

赤のスパークリングワインともよく合います♪
ワインメニューも豊富なので是非!

miyabifutaride.jpg

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 みっちゃん総本店 雅 編 〜
生地に卵を入れたり、
醤油を入れたりするのがオススメ。
特にお醤油は、香ばしく焦げ目がつきます。

お好み焼 みっちゃん総本店 雅
広島市中区基町6-27 そごう広島店 本館10階レストラン街
082-225‐7263

ソース:オタフクソース
キャベツ:群馬県産
麺:磯野製麺

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち中区のお店カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは大竹市です。

次のカテゴリは南区のお店です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ