2013年10月アーカイブ

お好み焼 楽

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

今回は、ボリュームたっぷりお好み焼き☆
「つい、サービスしちゃって」の気持ちから生まれた一枚を紹介しました。
rakuoko.JPG

一風変わった形、「楽らく焼」¥700です。
いわゆる一般的なお好み焼きもありますが、
(こちらはキャベツがシャキシャキしているのが特徴)
番組では、若者に人気のこちらを紹介。

rakusosu.JPG

まずは、鉄板に6枚の豚肉(通常のお好み焼きの倍!)を卵。
これを生地代わりにして、チーズとネギ、天かすをどっさり。

そして、ポイントのソースをかけます。
オリジナルで作ったというソース、
これがまさに味の決め手です。
中身は内緒でしたが、
ケチャップやカレー粉などが入っていて、美味!

rakusobamurasi.JPG

今度は横にソバとキャベツ。
ソバの上にキャベツを乗せることで、ソバを蒸し焼きに。

rakututumi.JPG

全てに火が通ったところで包む!
店主の吉岡百合子さん、
学生さんが来たときに、
お腹いっぱい食べて欲しいという気持ちから、
「どんどん、大きさが大きくなっちゃって」と。

こういう優しさを通して、
お好み焼き屋さんという場所が、心のよりどころになっていく。
実感しましたよ。

rakuiremono.JPG

青ノリもいっぱいかけたいから、
自分で大きい穴の容器を作っちゃった!と。
手作り感も温かさ。

rakuofu.JPG

今日はロケ風景の写真をおまけに一枚↑

rakuminnade.jpg

笠岡でお好み焼き屋さんをされていたそうですが、
地元の東広島へ帰ってきても、やっぱりお好み焼きのお店をしたかったと開店。

忙しい日には同級生が手伝いに来てくれるというのも、
吉岡さんのお人柄をあらわすなぁと思いました。

rakugaikan.JPG

デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 楽 編 〜
火加減が大事なので、とにかく強火で作って♪

お好み焼 楽
東広島市西条朝日町7−37
082-423‐3449

ソース:オタフクソース
キャベツ:熊本県産
麺:大谷製麺

鉄板料理 こぱん亭

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

今回は、優しく正直なお好み焼き☆
お人柄の出る一枚を紹介しました。

kopanfutaride.JPG

ご主人の鬼頭 典久さん!
実は、元々はフレンチのシェフとして、
市内中心部でお店を持たれていました。

kopangaikan.JPG

も「もっとお客さんと距離を縮め、自分らしくお店をしたい」と、
突然の転を決意。
鷹野橋商店街の近くに、お好み焼きのお店をオープンされました。

kopannaikan.JPG

物静かながら、優しさが全身からあふれ出る鬼頭さん。
仲間も多く、壁のイラストもお友達が書いて下さったそう。

kopanmoriage.JPG

お好み焼きは、昔食べた懐かしい味を再現したいとおっしゃいます。
基本に忠実な作り方。

kopantochu.JPG

オリーブオイルを使ったり、オムレツ風の卵にしてみたり、
フレンチのテイストを試したこともあるとのことですが、
やっぱりお好み焼きは、シンプルが一番!
基本に戻ったそうです。

kopanoko.JPG

好評につき、気がつけば、フレンチメニューも復活。
フォアグラや燻製も食べられる、
メニューの幅がひろーいお店です。

デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 こぱん亭 編 〜
キャベツをじっくり蒸らす。
豚肉も香ばしく焼いたらおいしいですよ。

鉄板料理 こぱん亭
広島市中区大手町5丁目8-13ECHOビル1階
082-246‐7724

ソース:オタフクソース
キャベツ:群馬&広島県産
麺:ひまわりフーズ

お好み焼 みっちゃん総本店 雅

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

あの有名店が、また新たな魅力でオープンです。

miyabigaikan.JPG

そごう広島店10階にオープンした
みっちゃん総本店 雅

miyabinaikan.JPG

一見、お好み焼き店ではないような・・・
でも鉄板がある(笑)大人の雰囲気。

瀬戸内の食材を堪能できるお店として誕生しました。
お好み焼きは、もちろんですが、
もみじ豚、地アナゴ、三良坂チーズ、帝釈峡シャモ、せんじがら、など・・・
広島人でも「おっ!」と思うような素晴らしい食材のメニューが並びます。

miyabikosu.JPG

今回のお好み焼きは、こちら!
「店長オススメ焼き」
店長の三嶋 慎二さんが考案する気まぐれお好みです。

miyabisisojako.JPG

丁寧に「じゃこ」をごま油で炒めたものと、
大葉が入ります。

和風テイスト!

miyabioko.JPG

仕上がりは、
広島人のよく知る「みっちゃん総本店」のお好み焼きですが、
中からは、ふんわりとじゃこと大葉の香る一枚。

miyabiwain.JPG

赤のスパークリングワインともよく合います♪
ワインメニューも豊富なので是非!

miyabifutaride.jpg

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 みっちゃん総本店 雅 編 〜
生地に卵を入れたり、
醤油を入れたりするのがオススメ。
特にお醤油は、香ばしく焦げ目がつきます。

お好み焼 みっちゃん総本店 雅
広島市中区基町6-27 そごう広島店 本館10階レストラン街
082-225‐7263

ソース:オタフクソース
キャベツ:群馬県産
麺:磯野製麺

情熱鉄板!!川創本店

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

今日は「備長炭入り」の黒い麺を使ったお好み焼きです。

kawasooko.JPG

まず、鉄板は山芋&魚粉&秘密の味付けをした生地が。
秘密の味付け・・・気になりますよね。
粘りのある生地でした。

kawasokiji.JPG

キャベツは鉄板で熱を入れてから生地の上に・・・
モヤシもたっぷり、ガーリックパウダーの香りも食欲をそそります。

kawasoteppann.JPG

そして!
今回の主役ともなる「黒い麺」が湯がかれ(生麺です)、
鉄板の上に。
パリッとさせるために、広げて焼きます。

kawasosoba.JPG

創業6年。
目玉になるお好み焼きを作ろうと、
備長炭入り麺を使用。

店長の「ちゅーやん」こと、庄賀 克志さんが、
楽しいトークと共に焼いて下さいます。

今回のお好み焼きは「ネギ」をトッピングしています。

kawasofutaride.JPG


すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 川創本店編 〜
キャベツを細く切る。
火の通りが均一になりやすいので。

情熱鉄板!! 川創本店
広島市中区銀山町5-3
082-246‐7017

ソース:市販ソース
キャベツ:?
麺:(普通の麺)磯野製麺

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年9月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ