2013年8月アーカイブ

串懐石 ふか味

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

今回は、実はあんまり教えたくないような隠れ家的お店へ・・・
fukaminaikan.JPG

流川通りと薬研堀通りの間にある、
お好み焼き紀行なのに???なぜか「串懐石」のお店!

ここにあるのは、驚きの「お好み揚げ」

fukamioko.JPG

まずは、薄焼き卵を焼きます。

fukamitamagoyaku.JPG

薄焼き卵でキャベツ、もやし、ネギ、魚粉・・・
お好み焼きの材料と同じものを巻きます。

fukamizairyomaku.JPG

もともと和食出身の店主 深見知弘さん。
仕込みには9時間かけるそうですが、
さすがプロ!の器用な手つきに圧巻。

生麺のソバも入りますよ!

fukamimaki.JPG

豚肉で全体を巻いて、衣をつけて油で揚げます。

fukamikoromo.JPG

もちろんソースで頂きます。
香ばしくてカリッとするお好み焼き。
キャベツも蒸された状態で柔らかくて甘い。
ソバでボリュームもあるので、食べ応え充分。

fukaminakami.JPG

お好み揚げはランチメニューですが、
夜のコースにも「ミニサイズ」入ります。
大きさが違うと、衣も変わります。
夜の串揚げコースが、手がしっかり込んでいて素敵なんです。

fukamizairyo.JPG

お客様の見えるところにある材料なので、このくらい当たり前!
とおっしゃる深見さんですが、
なんと、串揚げの材料は重箱に入っています。
見た目も美しくてうっとり。

fukamifutaride.jpg

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 ふか味 編 〜
お好み揚げを作るなら、巻いた最後はグッと押さえてね。

串懐石 ふか味
広島市中区胡町3-27
082-246-3688

ソース:オタフクソース
キャベツ:宮崎産
麺:極秘

FOOD&美味酒 HIROYA ひろ屋

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

今回は珍しく関西風のお好み焼きが登場です。

hiroyagaikan.JPG

広島の繁華街、流川通りにある「HIROYA」
関西からこのお店のために広島へ引っ越されたという
安里冴世さんが本場 関西の味を広島に。

hiroyazairyo.JPG

材料はこちら!
「豚玉 かす入り」

「かす」とは、正式名称「油かす
牛のテッチャンを低温の油で揚げ、余分な脂分を取り除いたもの。
コラーゲンもたっぷりで、低脂肪になっているという健康食材。

hiroyatochu.jpg

中身を混ぜ、鉄板へ。
上に、豚肉&かすが乗ります。

蓋を閉めて焼くとフワフワに・・・

hiroyanakami.JPG

マヨネーズや踊る鰹節を上へ。

hiroyaoko.JPG

かすは、なじんでいるので、見た目にはあまり存在感ナシ!
しかし、食べた時には、ジュンワリと美味しさが広がります。

hiroyanaikan.JPG

夕方6時〜朝5時までオープン!
飲んだ後のシメに立ち寄るお客さん、
お持ち帰りや出前を取るお客さんも多いとか?!

hiroyaminnade.jpg

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 HIROYA 編 〜
「油かす」を手に入れて関西風にも挑戦してみて♪
押さえず、蓋を閉めてふんわり仕上げるのは関西風の特徴です。

FOOD&美味酒 HIROYA ひろ屋
広島市中区流川町4−14 グランド流川ビル1階
082-248-8860

お好み焼き&鉄板焼き Mahalo

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

今回は、住宅街の中にある懐かしい雰囲気漂うお店です。

maharogaikan.JPG

お店の名前「Mahalo」からもわかる通り、
ハワイにちなんだお店。
ハワイアンを踊るのが大好きな
白井倫子さんがお好み焼きを焼いてくれます。

maharosobaajituke.JPG

まず、鉄板には、ソバ!
しょうゆ・ウスターソース・お好みソースで味付けします。

そのソバを、生地の上に置く、
昔ながらの、伝統的な重ね方。

maharokyabetuooi.JPG

キャベツは、たっぷり3掴み!!!
天かすも、天ぷら屋さんで作られたもの。

しっかり押さえて、水分を出したら完成の肉玉そば。
なんと、550円です。

maharooko.JPG

仕上げにガーリックパウダーがかかります。
そのガーリックがアクセントに効いた一枚です。

maharokakigoori.JPG

この時期限定で、ハワイのレインボーかき氷も登場!
色がきれい〜!!!
お好み焼きとあわせてどうぞ。

maharominnade.jpg

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 Mahalo 編 〜
天かすを天ぷら屋さんでもらってくると美味しいですよ。

お好み焼き&鉄板焼き Mahalo
安芸郡海田町新町8-16
082-824-0889

ソース:市販ソース
キャベツ:近所で購入
麺:升満食品

お好み焼き・甘味処 あべちゃん

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

お好み焼き激戦区の五日市のお店です。


五日市駅を降りると、見えるこの看板。
駅前すぐなので、場所はわかりやすいです。

オススメの一枚は「ダブルチーズ」

ご主人の阿部慎一さんは、元昆布メーカー社員さん。
昆布を知り尽くした阿部さんが、極上の昆布を使って、
お好み焼きを焼いてくれます。

abechankonbu.JPG

abechankonbuko.JPG


生地にも野菜にもたっぷり昆布粉をかけて・・・
ふんわり、昆布のいい香りが漂います。

ひっくり返したら、キャベツを一旦、広げます。

abechanhirogeru.JPG

表面から一気に熱を加えた後、
キャベツを集めて、蒸していきます。
その時は、キャベツの真ん中に穴を作って、
蒸気が回るように工夫。

ダブルチーズの1つ。
お好み焼きの中に・・・

abechandabu.JPG

そして、2つ目が表面へ。
鉄板へ流れ落ちるほどのたっぷりチーズ。

ちょっと濃ゆい味になるかな?と思った皆さん!!!
ご安心を・・・

他の味付けを濃くならないように配慮されていて、
昆布粉のお陰で、意外にも素材の味が生きているので、
チーズダブルでも、1枚ペロッといけちゃいます。

abechanoko.JPG

明るくて、優しいご夫婦。
時々、夫婦ゲンカをしているそうですが、
お二人を見ていると、仲良しこそできるケンカだというのがわかります。

これからも頑張って下さいねっ☆

abechanminnade.jpg

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 あべちゃん 編 〜
いい昆布粉を使って作ってみて!
素材の味がグンと引き立ちますよ。

お好み焼き・甘味処 あべちゃん
広島市佐伯区五日市駅前1丁目10−13
082-921-5189

ソース:市販ソース
麺:なか川製麺
キャベツ:広島・嬬恋

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ