2013年7月アーカイブ

La Fiamma ITALIAN TEPPAN

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

イタリアンのお店でお好み焼き?
そう!鉄板さえあれば、イタリアンのお店でも、
お好み焼きを食べられるのが、広島なのです。

rafianmagaikan.JPG

作って頂いたのは、イタリアンお好み焼き♪
こちらは、チーズ味。
ほか、トマトソース・ベシャメルソースがあります。

rafianmaoko.JPG

お好み焼きとイタリアンのコラボレーションにご注目☆

rafianmakinoko.JPG

生地・キャベツときたら、
次は「キノコ」!!!
オリーブオイルでいためているものです。

上には天かすや豚肉が乗り、キノコ以外は、いつも通り。

rafianmapasuta.JPG

次に驚きは、ソバ!
パスタを使います。

rafianmakaisen.JPG

上にトッピングされるのは、豪華な海鮮!

rafianmahitokuti.JPG

クリームソースにチーズ。
青ノリの代わりにパセリをふっています。

お好み焼きのほかにも、焼きパスタなど、
鉄板だからこそ楽しめるイタリアンの世界があります。
お好み焼きも、ワインと一緒にどうぞ!

rafianmafutaride.jpg

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 La Fiamma 編 〜
愛情込めて焼いて下さい。

La Fiamma ITALIAN TEPPAN
広島市中区中町5-16 ルービンス中町1階
082-246-5869

ソース:オタフクソース+お店オリジナルのホワイトソース
キャベツ:不明
麺:窪田寛商店

お好み焼き・鉄板焼き 蔵屋

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

kurayagaikan.JPG

今回は、ニューオープンのお店です。
中央郵便局向かいにある「蔵屋」

kurayanaikan.JPG

外からは想像できないほど、中が広い!
奥には個室もあります。

お願いしたのは、夏にオススメの「山芋焼き」

kurayakyabetu.JPG

まずは、魚粉をまぜた生地を焼き、上に踊るカツオ節。
キャベツは、ザッと鉄板で焼いてから、生地に乗せます。
味付けをしっかりするためです。

kurayasoba.JPG

ソバは生麺。
広げてパリッと仕上げます。

kurayasiso.JPG

シソが間に入って、
1回も押されることなく、仕上げます。

kurayaoko.JPG

最後に、主役ともいえる「山芋」に、
カイワレ・ゴマ・刻みのりが乗って、完成!
スタミナ、つきますよ。

焼酎や日本酒も充実していて、場所柄、接待で使われることも多いお店です。

kurayafutaride.jpg

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 蔵屋 編 〜
そばを広げてしっかり焼くとおいしくできますよ!

お好み焼き・鉄板焼き 蔵屋
広島市中区大手町3-8-4-1階
082-545-2242

ソース:市販ソース
キャベツ:長野産
麺:磯野製麺

お好みハウス ワイワイ

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

今日は、仲良しご夫妻がオープンした「お好みハウス ワイワイ」

waiwaiminnade.jpg

名前の由来は、
ご主人のお名前「ようじ」さん&奥様のお名前「ゆきみ」さんの
イニシャルから。

娘さんもお手伝いをしていらっしゃいます。

ご家族が、お父さんのお好み焼きは美味しいから!
と、開店を希望。
この春、実現しました。

waiwaikiji.JPG

お父さんこと、畠山洋二さんのお好み焼きの特徴は、生地!
カレー粉が、入っています。

「自宅では、もっと黄色くなるくらいたくさん入れるんですが・・・」
と、おっしゃる畠山さん。
お店では、好みもあるので、ほんのりスパイシーさが香るくらいの量を使用。

waiwainiku.JPG

豚肉は、国産を使用。
キャベツは細めに切ったもの。
多くて高さがあります。

waiwaifutasime.JPG

ひっくり返したら、フタを閉めます。
押さえないので、その高さはそのまま!

waiwaisosu.JPG

ソースをたっぷりかけて、
お父さん自慢の懐かしい味のする「ソバ肉玉」完成です。

waiwaioko.JPG

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 ワイワイ 編 〜
おうちでは、生地にカレー粉をたーっぷり入れてみて!

お好みハウス ワイワイ
広島市安佐南区西原2丁目35-19
082-871-2363

ソース:オタフクソース
キャベツ:広島産
麺:マルバヤシ


こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

tintikuringaikan.jpg

新しく7月1日にオープンしたばかりのお店へ早速、潜入!!!
広島で広く進出中の「ちんちくりん」
初のフランチャイズ店です。

tintikurinshoburi.JPG

自慢の一枚は、こちら♪
「牛しょぶり焼き」

しょぶり肉というのは、なかなか手に入らない、
骨周りについたお肉のこと。
程よく脂身がついていたり、独特の食感があったり、と、
貴重だけれども、美味しいお肉。

tintikurinshoburito.JPG

ちんちくりん祇園店で使っているのは、
その「しょぶり肉」そのものではなく、
しょぶり肉により近づけた、オリジナルミンチ肉!
肉汁たっぷり、よりジューシーになっています。

tintikurinkari.JPG

出た脂でパリッと仕上げます。

tintikurinoko.JPG

でも、余計な脂はすべて捨てるので、
意外とあっさり仕上がっているのが驚き!

tintikurinminnade.jpg

お店を設計した古家智之さんと、
元気いっぱいのスタッフの皆さん!

カウンターから笑顔を届けたい!
という通り、明るいテンション&大きな声で迎えて頂けますよっ☆


キッズスペースも充実♪
tintikurinkids.JPG

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 ちんちくりん 祇園店 編 〜
ひっくり返した時、生地をずらして、
キャベツの真ん中に穴をあけると熱い空気がまわっておいしく蒸れます!

お好み焼・鉄板焼 ちんちくりん祇園店
広島市安佐南区祇園3丁目22-5
082-5706-5515

ソース:オタフクソース
キャベツ:広島産
生麺:磯野製麺
蒸し麺:なか川

お好み焼 ゆりちゃん

こんにちはぁ!
リポーターすえ&デコヘラもみじちゃんです。

yurichanfutaride.jpg

今回は、お客さんから「愛されキャラ」のゆりちゃんこと、
中田百合子さんのお店へお邪魔しました。

この笑顔からも、素敵なお人柄がにじみ出ていますよね。

yurichanoko.JPG

ゆりちゃんで頂けるお好み焼きは、こちら♪
昔ながらのお好み焼きですが、
実は、ゆりちゃんは、「元祖 八昌」の娘さん。

小さいころから、お父さん&お母さんの作っていたのを、
そばで見ていたというゆりちゃん。
もうお好み焼きに携わること50年と言うんですから驚き☆

yurichankyabetu.JPG

その作り方は・・・

とにかく、野菜多め!
キャベツだけでなく、もやしもたっぷり。

yurichanhagama.JPG

麺は生麺使用。
お釜で茹でます。

キャベツが多いので、しっかり蒸すのもポイント!
ほぼ押さえません。

キャベツは、シャキッと歯ごたえのいい仕上がり。
麺のコシを生かしたお好み焼き。

yurichanoden.JPG

定番のおでんもあります。
味がしっかりしゅんでます(←広島弁:解説 浸みています)。

yurichangaikan.JPG

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 ゆりちゃん 編 〜
お好み焼きと麺をバラバラに焼く!

ホットプレートでお好み焼きを焼き、
フライパンで麺を炒めると、
しっかり火が通っていいですよ。

お好み焼 ゆりちゃん
広島市安佐南区沼田町伴3534-8
082-848-4662

ソース:市販ソース
キャベツ:山口産
麺:磯野製麺

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ