2012年12月アーカイブ

鉄板屋 大豆(おおまめ)

こんにちはぁ!
リポーター 末田景子&デコヘラもみじちゃんです。

2012年最後のお好み焼き紀行は、
ちょっと遠出をして、三原へ行って来ました。

omamegaikan.JPG

女性店主のなおちゃんこと宮田直美さんと、
お友達の金廣美恵子さんが、にぎやかに迎えて下さいます。

ここで頂いたのは、こちら♪

omamemenyu.JPG

「ぶに」と呼ばれるお好み焼きです。
しかも、三部作でシリーズ化されているの?と驚き!

一番人気!
「赤いぶに」を番組では紹介しました。

omamekimuti.JPG

「赤いぶに」の中には、
キムチポギ&のしイカ&豚肉ダブル&辛い麺が入っています。

そもそも「ぶに」とは、
「それ、私のぶに〜!取らんとってー」といった具合に使う三原の方言で、
「私の分」の、「分」を「ぶに」と言います。

つまり今回のメニューは、
お好み焼きの「赤い分」「白い分」「黄色い分」
ということになります。

omameoko.JPG

食材は、三原の近くで作られているものを使用。
キムチポギも、本場韓国と同じように作っているものを地元で見つけました。

その赤さは、結構なものですが、
辛いだけじゃなく、甘みも感じた後の刺激が心地いいお好み焼きでした。

「白いぶに」はグラタン、
「黄色いぶに」はカレーのお好み焼きです。

omameminnade.jpg

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 大豆(おおまめ)編 〜
そばにはウスターソースで味付け!
一気に三原風になりますよ♪

鉄板屋 大豆(おおまめ)
0848-67-8147
三原市城町1丁目6−8

キャベツ:熊本産
ソース:オタフクソースをベースにオリジナルに
麺:井上製麺

てっぱん焼 おっこん屋 えん

こんにちはぁ!
リポーター 末田景子&デコヘラもみじちゃんです。

engaikan.JPG

アルパーク北棟そばのお店「えん」
オレンジ色が温かい雰囲気を出してくれています。

店主の伊藤 勝さん、
なんともおもしろいメニューの開発がお好きなんです。
店内には数々の個性的なメニューが!

enoko.JPG

オススメは「マヨたこ」

お好み焼きのような、たこ焼きのような、
広島のおっこんでありながらも、関西風にも似ているような・・・

enokonakami.JPG

キャベツの上にかつおぶし、玉ねぎスライス。

そして、ソバと野菜の間には、
山芋、紅ショウガ、タコ。
これは、まさにたこ焼きの材料!

enokokirikuti.jpg

広島のお好み焼きらしからぬ、
タコの食感♪
紅ショウガの香り♪♪
山芋のふわふわ感♪♪♪

調味料は、塩のみ!
素材の味をしっかり楽しんで☆

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 えん編 〜
キャベツを細切りにして火の通りをよくして。
特に、芯の部分は細く。

てっぱん焼 おっこん屋 えん
082-208-5191
広島市西区草津新町2-13-13 コーポせいぶ1階

キャベツ:岡山産
ソース:オタフクソース
麺:磯野製麺

お好み焼 ロン

こんにちはぁ!
リポーター 末田景子&デコヘラもみじちゃんです。

rongaikan.JPG

今回は、広島市中区のお好み村のお店です。

今年、7月28日にオープンしたばかり。
店主は、26歳という若さで開業した平野 志奈さん。

ronfutaride.JPG

広島育ちで、お好み焼きが大好きな平野さん、
小さいころから、お好み焼きのお店をすることが夢だったんです。
お店の名前は、バレーボールをしていたときのコートネーム!
高校時代のことだそう。

ronoko.JPG

そんな平野さんオススメの1枚は、
「持ち入りチーズ+トッピング トマト」

女性店主らしからぬ、
結構なボリュームに驚いていたら、
平野さんご自身は、食欲旺盛でよく食べられるとのこと。

rontenshu.JPG

手際よく、大胆に、お好み焼きを作ってくれます。
昔、自宅でお母さんに作ってもらったお好み焼きをまねて、
とろろ昆布が入ります。

ronaburi.JPG

お好み焼きの上にトマトが乗って、
チーズをかけたら炙ります。
香ばしい香りが広がったところで、
粒の黒コショウ&タバスコ。

トマトやチーズにぴったり。
洋風な味わいに仕上げます。

ronokonakami.JPG

ボリュームもしっかり!
平野さんとのトークも弾みます。

すえ&デコヘラもみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方
〜 ロン編 〜
生地は、専用の粉を使うのがオススメ。
家でも、生めんを使うとあっさり仕上がりますよ。

お好み焼き ロン
082-541-0029
広島市中区新天地5-13新天地プラザ3階 右奥
http//ameblo.jp/ron728/

キャベツ:庄原産
ソース:市販のもの
麺:升満食品

お好み焼き てんやわんや

こんにちはぁ!
お好み焼き紀行 リポーターすえ(末田景子)&Myデコヘラもみじちゃんです。

tenyawanyaoko.JPG

今回、頂いたのは「肉玉そば・イカ天」

広島人にも人気の定番のお好み焼きですが、
「てんやわんや」オリジナルが詰まった1枚です。

まず、作り方。

tenyawanyaikatenoku.JPG

キャベツを置いたら、そのキャベツの上にイカ天を置きます。

tenyawanyaikatennaka.JPG

続いて、イカ天の上に、モヤシなどの野菜を置く。

つまり、野菜と野菜の間にイカ天が挟まります。
野菜の水分を、イカ天に浸みこませることで、
イカ天が柔らかくなり、
さらに、イカ天の味が野菜にも浸透していくんです。

この作り方は、他店でもされているお店がありますが、
「ザ・オリジナル」はソース!

tenyawanyasosu.JPG

各種メーカーのソースを混ぜ、
そこへリンゴ、玉ねぎ、プルーンなど、野菜やフルーツを入れる。
そして、アゴダシで、のばします。
こうしてできたオリジナルソールで麺を味付けします。

tenyawanyanakami.JPG

手間暇かかった一枚です!

tenyawanyaminnade.jpg

すえ&もみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方

〜てんやわんや 編〜
火力をとにかく強くして〜!
やっぱり、火力は大事♪

お好み焼き てんやわんや
広島市中区小町3−5
082-246-3018

キャベツ:群馬県産
ソース:オリジナルソール
麺:升満食品

2丁目のあつあつ鉄板 ぼんぼん

こんにちはぁ!
お好み焼き紀行 リポーターすえ(末田景子)&Myデコヘラもみじちゃんです。

bonbongaikan.JPG

五日市のコイン通りにあるお店へ行ってきました。
なんとも珍しい作り方のお好み焼きとかで、お邪魔する前から期待!

その驚きの作り方☆

bonbonkyabetu.JPG

なんと、鉄板の上に、生地はひかずに、キャベツの外葉が。
外葉キャベツの上に、千切りキャベツ、もやし、
甘みを出すための玉ねぎの角切り、紅ショウガなどなど・・・

bonbonkyabetuue.JPG

生地がキャベツの外葉のため、ひっくり返すとこんな感じ。

ラードは使わず、お肉は広島県産。
身体にも優しそう♪

五日市初と銘打つ、キャベツの外葉を使ったお好み焼き。
うぅーん、でも全国初なのでは?

お客さんのアイデアから生まれたそうです。

bonbonoko.JPG

ソバも入り、上には大量のネギと花かつお。
そして、真ん中に生卵が乗っかります。

bonbontamago.JPG

卵をつぶしながら頂きます。
鉄板で食べれば、自分の好きな焼き加減で、
お好み焼きに絡めながら頂けます。

あっさり頂ける人気メニューですが、
ボリュームがあるので、女性用にハーフもあります。

気さくな店主、柿本 和弘さん。
お客さんからの楽しいアイデアも大歓迎ですよっ♪

bonbonminnade.jpg

すえ&もみじちゃんのチャレンジコーナー
家庭でできるお好み焼きの上手な作り方

〜 ぼんぼん 編 〜

千切りキャベツともやしを混ぜて使うと、
ボリューム感も出て、蒸し時間も早いのでオススメ!

2丁目のあつあつ鉄板 ぼんぼん
広島市佐伯区五日市中央2丁目11−8
082-924-2270

キャベツ:熊本県産
ソース:オタフクソース
麺:ダイイチ食品

2013年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ