2009年6月16日

2009年6月16日放送 「お好み焼・鉄板焼 洋ちゃん」 〜“昔ながら”を大切にした一枚〜

梅雨に入ったものの、毎日いいお天気が続いていますね!!
水不足の心配や紫外線は気になるものの、洗濯物がすぐに乾くのはありがたいです(^m^)


さて、今回の『お好み焼き紀行』、訪れたのは…
「洋ちゃん」外観
呉市にある、「お好み焼・鉄板焼 洋ちゃん」です(^O^)/
呉市役所から歩いてすぐのお店なんですよ〜♪


お店を営むのは
「洋ちゃん」店主
河村 洋一さんです。

“呉焼き”という焼き方を大切に、その焼き方で焼いていらっしゃるんです!


と言うことで、早速焼いて頂きました♪

お好み焼きと言うと、“最初に鉄板に登場するのは生地”というイメージがありますが、
最初に登場したのはモヤシでしたw('O')w

生地の登場はまだまだのようで、始めに仕上がったのは…
「洋ちゃん」そば
焼きそばのようなもの!!

え!?今回は『焼きそば紀行』???('O')>


…というわけではありません(^m^)

その後で生地も登場し、生地の上に焼きそばのような具を載せます☆
「洋ちゃん」生地の上にそば


その後、真ん中に卵がのって、最後はなんと!!
「洋ちゃん」お好み焼き完成
二つに折りたたんで、完成〜\(^O^)/


昔ながらの呉焼きは二つに折りたたむという話は聞いたことがありましたが、実際に目にしたのは初めてな私w('O')w
まるで半月のような、オムレツのような形ですね!

丸い形のお好み焼きも多い中で、あえて河村さんは、慣れ親しんだこの焼き方を選んだのです。


さあ、気になるお味は…

生地が、端の方はパリっと、内側はソフトで、食感もいい!
また、中が焼きそばのようになっていることで、全体に味がついて食べやすく、卵もまんべんなくかかっていてマイルド〜(^m^)
程よい甘みも美味しいです☆


河村さん、お客さんそれぞれに美味しい状態で食べてもらいたいというお気持ちからか、
「洋ちゃん」店内の札
通常中に入れるネギを上にかけて欲しい方にはそのようにしたり、モヤシが苦手な方にはモヤシを抜きにしたりもして下さるそうです。


「洋ちゃん」エプロン
美味しく頂いたところで、河村さんが身に付けている、オシャレなエプロンの話に♪

このエプロン、ご覧の通り“洋”の刺繍がされているんですが、エプロンにかかったお金より刺繍にかかったお金の方が高いくらいのこだわりです!!
いい具合に色落ちしてきて、ビンテージエプロンになっていく!?


撮影の後に、河村さんと一枚☆
「洋ちゃん」店主の河村さんと


先ほどエプロンの話も書きましたが、使い込んだエプロンがいい味を出していくにつれ、もちろん河村さんのお好み焼きもどんどんいい味を出していく…

慣れ親しんだ味を再現し、守り続けていく河村さんのお好み焼きは、これからも多くの方に愛され続けることでしょう(^-^)


【お店情報】〜「お好み焼・鉄板焼 洋ちゃん」〜

住所:呉市中通四丁目6−2

電話:0823−24−6367

値段:肉玉そばorうどん→650円

営業時間:11:00〜14:00
       17:00〜22:00(ラストオーダー:21:30)
       
定休日:火曜日

投稿者 okonomi : 18:58