2008年07月25日

幹を太くする為に、今一度踏ん張れ!

更新が遅くなり、このコラムを楽しみにされているカープファンの方々、申し訳ありませんでした。
最近のカープの戦いに沢山の不満苛立ちを感じてる方も多いと思いますが、
選手もファンも正念場ですね! 

下位チームに負け越し。長期遠征での連敗。
7月が大きな鬼門では在ったのですが、ここは現実を見つめ直し、コツコツと5割を目標に行くしかないと思います。

ただ残念なことに、これだけは僕自身、納得出来てないので言わせてください!

連敗スタートになった横浜線。シーボルがカウント0-3から凡打に終わった所です。
ネクストバッターに代打緒方が控えていました。
1−3なら分かりますが、0−3からのショートゴロ。結果ではなく、僕自身でも“1球は待つだろう?
いや待ってくれ!”
と思いながら見ていました。
最高の結果はホームランですが、シーボルには申し訳ないけれど、競馬で言えば、“万馬券”を期待するような感じに思えて・・・
投手心理を考えても、試合の流れを考えても、勝敗を大きく左右するシーンだったと思います。

シーズンには沢山の事が起きますし、沢山の流れが在ります。
裏があれば表もあります。打者心理と投手心理。

もっと分かりやすく言うと、バントを一発で決める事が何故大切か?分かりますか?

次の打者やベンチは、1アウトランナー2塁や2、3塁を描いているからです。

そう!
その流れが安打を生み、スタンドもベンチも、“よし行くぞ!”で、“良い空気や雰囲気”が生まれるからです。 

野球は生き物。 強気にも弱気にも成ります。 
開き直りも、計算も総ての事が要求されますが、チームには選手個々で、
“こうすれば勝てる!” “こんな事をしてたら負ける”
を、後半に向けゲームの中で頭の中に叩き込みながら戦ってもらいたいですね!

最後に、多分初めて采配の事で書き込みましたが、個人的で申し訳ありませんが、それだけ僕の中で残念なシーンだったので書き込ましてもらいました。

それともう一つ。
選手は一生懸命戦っていると思いますが、その一生懸命に、
もう一つ自分自身が大きくなるために、チームが強くなるために、
頑張ってもらいたいですね!


carp08

コメント

野村さん、来季監督をしてカープをもっと強くしてください!

投稿者 ka-pu : 2008年07月28日 23:24

更新ありがとうございます。

「待て」の指示が出ないってことは、監督が結果アウトでもいいってことですよね?

いつの試合か忘れましたが、9回か延長の裏の攻撃で、ノーアウトランナー一塁からシーボルを打たせた采配がありました。

「裏の攻撃で大量点狙うの」と突っ込みたくなりました。
おそらくバントができないのだなと思いました。

だったら代打でバントすればいいことです。

一点を取りたいのか万馬券を当てたいのか、ケースバイケース(まぁほとんど前者だと思いますが)でしょうが、もっと「流れ」を大事にした采配を望みますね。

0−3からシーボルが打ったではなく、監督に打たされたというべき采配でした。

投稿者 かーぷFAN : 2008年07月29日 07:25

更新ありがとうございました。

私は、この時期5番打者はベテラン打者で臨むことを強く望みます。
泥沼の連敗も止まりさぁこれからという時期にきましたので緒方、前田智選手の存在感と経験にかけて夏場の大事な時期に彼らを相手先発投手の兼ね合いでスタメンで起用し追い風を吹かせてほしいですね!!彼らの卓越した技術を今一度グランドで見たいです。

投稿者 清瀬鯉吉 : 2008年07月29日 10:16

いつもコラムを楽しみにしています。
若い頃、背番号7を眩しく見ていました。

カープに対する熱い想いが伝わりました
謙二郎さんは、カープを愛してるんだな
と嬉しくなりました

采配の事は、素人の私が何か言うのはナンセンスなので控えます
ここ数試合のゲームを見ていると、選手もベンチも何か気付いたのかもしれないですね

今年のチームは、良いとこもたくさんあって魅力的です
チームの団結は12球団一だと思います
個々の選手のパフォーマンスは向上しているような気がするし
ゲームで自分の力を出せる選手が増えたような気がします。
すごくたくましくなった選手もいます。
もっともっと大きくなれると思います。

投稿者 piyo : 2008年07月29日 19:27

今晩は、連日暑い日が続きますね。
今日の、放送を観て、確かに、今のシーボルは、万馬券と表現するのも、分かるような気がしました。彼は、何を待って打撃をしているのか、全く分かりませんでした。野村さんが、書かれている事が、分かりました。彼には、冷静に、打席に張って欲しいと思います。どんなボールを打とうしても、無理があります。狙い玉を絞って、打って欲しいと思います。それでは、失礼します。

投稿者 ソムレ : 2008年07月29日 22:43

野村さん
暑中お見舞い申し上げます。

更新をありがとうございます。

野村さんが仰る
〜0−3の凡打〜の場面
カープを愛する者だったら,
野球を知っているものだったら,
思いは一緒です!

むしろあの場面では
『代打・緒方』を期待していました。

たとえ一球待ったとしても
好結果が期待できない…
そんな打者を使い続けることに
疑問を感じています。

逆転サヨナラ満塁アーチは
まさに“万馬券”でした。

今回,野村さんの本音を知ることができ,
それが共感できることだったので,
むしろ嬉しく思っています。

オールスター戦前に借金6ですが,
8月戦線では5割復帰をめざし,
一歩ずつ上位へ食い込んでもらいましょう!

投稿者 姉さんみんちい : 2008年07月30日 08:19

こんにちは。
采配批判ですか? 毎回テレビ中継でしているじゃないですか。コラムに書いたからと言って、初めてのことではないでしょう。散々ブラウン監督の采配を批判してきたし、今に始まったことではないでしょう。シーボル選手ですが、彼以外誰がサードのポジションをするのですか? 

投稿者 若宮さん : 2008年07月30日 13:42

こんにちは、野村さん。


“こうすれば勝てる!”“こんな事をしてたら負ける”
今のカープで、それを一番理解していないのは選手よりも監督でないでしょうか。

選手は監督の采配を前提として、プレーをします。
0−3の場面、かーぷFANさんの言われるようにブラウンは一球「待て」のサインを出してもいいはずです。

監督は選手を起用している立場である以上、本来シーボルが状況判断のできない選手だということも把握しなければいけないはずです。

監督は権力者ではありません。選手の管理者でもあり、責任者です。

あの場面、ブラウンは「自由を与えた」とコメントしてました。ならばやはり監督の采配ミスに尽きるのでないかと思います。

とはいえ、シーボルの勇み足はチームの事など全く考えていないでしょう。


このようなブラウンのやり方では、Aクラス入りは到底無理です。

せめて可能性を探るのであればチームの流れや勢いをことごとく潰しているシーボルをスタメンはもちろん大事な局面で起用しないことが最低条件でしょう。

そして、できることなら今からでも監督交代をしてくれれば展望もきっと明るくなるでしょう。
(現状では内田コーチが適任だと考えます。)

投稿者 一生カープファン : 2008年07月31日 15:12

私はシーボルの事よりも梵をずっと贔屓して結果を出してないのに東出や小窪よりも優先的に起用してた頃の采配の方がよっぽど問題だと思ってます。どうしてその事には触れないのでしょうか?今はやっと二軍に行ってくれましたが、またいつ贔屓で戻ってきて即スタメン起用されるんじゃないかと、そっちの方が不安です。今季は梵を特別扱いする場面を何度も見せられましたから。最初のうちは梵に代打は絶対に出してませんでしたし、梵が起用されて東出や小窪が外される試合が何度もありました。野村さんは地元出身で自分の大学の後輩の梵を他の選手より気に入ってるんでしょうけど。梵も自分が贔屓されてるのをいい事に付け上がってるようにしか見えませんでした。梵には公平な競争をしてほしいです。関係者も梵がちょっとヒットを打っただけで復調してると持ち上げるのは不自然だし、シーボルに問題をすり替えて基本的に梵を擁護するのはおかしいです。他の選手も口にはしないでしょうけど本音では梵が全面的に贔屓されてるのは面白くないだろうし、嫌気がさしてるでしょう。他の選手が今から広島出身にはなれませんから。。

投稿者 Anonymous : 2008年08月04日 11:18

>シーボル選手ですが、彼以外誰がサードのポジションをするのですか?

はい、非常に残念ながらシーボルを押しのけてしまうぐらいの選手がおりません。打撃の調子があがってきた小窪がいるけどショートに入ってる。(小窪はサードより二遊間向きだとは思いますが)しかし!あくまでも日本人選手が育つまでのつなぎのはず、なのに、来期以降 誰を使うのか、サード候補の育成はどうなってるのか、それが見えないのがとーっても不満。

もう CS進出の望みはかなり薄いと思うので
ブラウンには即刻退陣していただいて
来期への準備を進めてほしいですね。
コーチがしばらく兼任でもいけるでしょう。

投稿者 momo : 2008年08月04日 15:35

はじめまして、カープファン暦36年になるおやじです。

今年のカープは新井、黒田という主力選手が抜けた中、戦力はダウンせずAクラスに残れる実力があるチームだと思っています。

チームが低迷しているのは、投手の故障という問題もありますが、好調な選手がいるにも関わらず、不調な選手起用の結果、勝てる試合を落としている気がします。

選手の育成ということをよく言われますが、観客は、2軍の試合を見たいわけではありません。
前田選手のような素晴らしい選手が代打でしか出てこないというのもファンは不満でしょう。

もし、野村さんが監督になられる時は、ビジョンを持ったファンが期待できる采配をお願いいたします。

投稿者 びんごもぐ : 2008年08月05日 04:15

Anonymousさんの書かれてる内容に完全同意。自分の周りにもいるけど梵の贔屓起用を容認しておいて
評論家や記者のシーボル批判を妄信してる人が多いと思う。こう言ってはなんだけどAクラスを逃したり
小窪が新人王を獲れなかったらブラウンと梵のせいでしょ。別に梵が嫌いなわけじゃないしむしろ地元の
選手だから思い入れは強いけど贔屓はしたくないな。

投稿者 典型的広島人 : 2008年08月11日 01:02

Anonymous さん、けっこう 頭カッカきて 書き込みしてません?
(自分もそういう時あるんで)
梵はひいきといえばそうだけど、本人が自ら望んだわけではなく、
ただ、広島で生まれ育って地元の球団に入りたくてだったわけで。
問題は、球団の特別扱いとブラウンのお気に入りだった事。
ブラウンはマイナーの育成の監督、素質があると見込んだわけだけど
日本には育成のための二軍があるのだから 
他の選手たちと同じく下で結果出してから上がるステップを踏むべきだった。
きついと思うけど、ここで終わってほしくない。

でも個人的には今の東出小窪コンビ好きなんですよ。
小窪は目の前のチャンスに喰らいつくのに必死。
先輩の東出も負けてられない。
東出も今は好調だから使われているけど、
不調になれば特別扱いはされてないからどうなるかわからない。
ああ、そうか、梵にはそういう緊張感、危機感が感じられなかったかな。
これからは目の色変えて がんばってほしい。

投稿者 momo : 2008年08月13日 09:18

北京オリンピックの星野ジャパン第1戦対キューバ戦をラジオで聞いていました。解説が素晴らしかった、感動しました。いかにも野球に素人のアナウンサーを補佐しながら、余計な言葉は無くて、すっきりした解説。
オリンピックで金メダルを期待しながらも、野球のホントの楽しみ方、勝ち方目線の野村さんの解説が一番の楽しみに変りました。

投稿者 くんてん : 2008年08月15日 20:58

野村さん
残暑お見舞い申し上げます。

13日のD戦へ行った帰りに聴いた
ラジオから野村さんの声が!

今ひとつ興味が持てない
星野JAPANですが,
くんてんさんが仰るように
野村さんの解説を楽しみに
ダイヤルやチャンネルを合わせています。

13日は外野席から
ずっと小窪選手の動きを追っていました。

一球ごとに足を動かして集中し,
守備に備える。
基本中の基本が体に染みついているだなと感じました。
そして,現役時代の野村さんを
思い出していました。

ひたむきなプレーをする選手
ファンを大切にしてくれる選手
期待に応えてくれる選手

僕はすぐにファンになってしまいます。

8月戦線で5割目前!
「もしかして…,ひょっとすると…」
この期待感は初優勝の時にも
味わった記憶があります。

今こそALL-IN!

野村さんの帰国を
心よりお持ちしております!

投稿者 姉さんみんちい : 2008年08月16日 11:56

野村さんの解説を楽しみに視聴しております
お尋ねいたします
1 なぜ捕手は内郭をうまく使用しないのでしょうか
  ピンチに外郭ばかりで連打浴び追加打点を許してい  ます捕手がコーチのサインばかり気にしている、
  相手の選手を甘く見ている,バットの振りは遠心力  により外廓の球は当たれば長打力につながる、内郭  を恐れず突いてこそ最高の捕手でないでしょうか、  若手投手の動作を見ると外廓ばかりでビビッテいる  ように見える、若手投手を潰している様に感じてい  ますが如何でしょうか
  野村さん早くグランドに帰ってください。

投稿者 adinanodidi : 2008年08月20日 20:44

今オリンピックの日本と米国の野球の試合をラジオで聞いています。野村さんの解説はじつに冷静でわかりやすいですね。感動的です。準決勝、決勝でも野村さんの鋭い分析と穏やかな語り口を楽しみにしています!

投稿者 タカ : 2008年08月20日 22:05

ここにコメントを残す多くのカープファンはクライマックスシリーズ出場が期待できる状況だからこそ負けた時のマーティーの采配に怒りを感じているのでしょう。
でも投打の技術的、精神的なリーダー(佐々岡投手も含めて)が抜けた状況でもこの成績が残せているのはなぜでしょう。
栗原、東出、新入団の外国人投手や赤松の活躍、そして天谷の活躍。これらはすべてマーティーが監督でなかったらありえなかったと思う。

言葉は悪いですが東出は前監督のままでは精神的につぶれてたと思う。
球団の体質や歴史を知りすぎているOB監督だったらこんな前を見据えた補強や積極的なドラフトはあっただろうか。
実績のある前田や緒方を控えに回してまで自分の考えに執念を持つ勇気が他の人にあるだろうか。
試合前の練習に遅刻した天谷に対して自分の感情を抑えて天谷の心境を理解してスタメンで起用し気持ちを奮い立たせた事、栗原が昔ミスでサヨナラのチャンスを逃した時は2軍で干されて汚名返上のチャンスすら与えられなかった事を思い出した。
そして最愛の母親の死に接してもいっさい顔には出さずカープの勝利を優先する心の強さと深い愛情が他の人にはあるだろうか。

成績の責任を取るのは監督の仕事。
でも野球は勝ったり負けたり。
全試合を理想的な采配で勝てるはずもない。
5割ちょっとの勝率で優勝が争えるスリリングなドラマこそが野球の醍醐味。

8月27日の栗原のブログをカープファンはみんな見て欲しい。

みなさんシーボルの代りの選手の打撃成績と守備力に今満足してますか?
目先の状況にとらわれず、広い視野を持って物事を考えたら、大きな目標に向かって突き進む今のカープの状況に不満がありますか?

カープファンである以上、同じ船に乗った者としてどんな事でも受け入れてみせる。
マーティーもそんなファンを家族だと思っていてくれるはず。

投稿者 mito : 2008年08月27日 18:41

mitoさん
>みなさんシーボルの代りの選手の打撃成績と守備力に>今満足してますか?

シーボルの代わりの選手はいずれ必要の前提を
考えれば、今の起用は不思議じゃないですよ。
今年はシーボルに頼りたいですが、
来期以降の事を考えれば
外人枠もあるし、日本人選手で代わりになる者が
いればいいぐらいの選手ですよ、彼は。
それがいないから苦労してるってだけで。
シーボルも我慢の起用の末に今の成績があるのだし
ちょっと冷たすぎませんか?

サード問題はドラフトで候補選手が急浮上してきたり
球団も頭悩ませてるようですね。

投稿者 momo : 2008年08月28日 14:38

momoさん
>ちょっと冷たすぎませんか?

ごめんなさい。momoさんのコメントを見た後に自分の文章を読み直してみると誤解されてもおかしくない文章ですね。不愉快な思いをされた方には申し訳ありませんでした。

自分は決して喜田剛選手やサードに入った時の小窪選手を批判的に見ている訳ではなかったんです。カープが大好きだからカープのユニフォームを着た人をみんな愛してます。

自分もmomoさんの以前のコメントのようにシーボル選手は日本人サードが育つまでのつなぎとして頑張ってもらいたい選手だと思ってます。しかし多くのコメントを見てると悔しい負け方をした時の思いのはけ口が全部シーボル選手に向けられているようで自分は寂しかったんです。シーボル選手に対して冷たいと感じた。
新井選手が抜けなかったら入団してなかったでしょうが、新井選手と比較するのは酷です。シーツ選手以来いい成績を残す選手が続いている事もあるでしょうが、以前の米国から来たプライドが捨てられず結果を出せないまま帰国した選手が大勢居る事を考えるとまじめでいい選手だと思います。
シーボル選手のHR1点だけで建さんが完封した試合。あのゲームで建さんが得た自信が無かったら、その後の活躍は今ほどではなかっただろうし、建さんのほかの選手に与える影響力を考えると今年のカープベストHRではないでしょうか。そんなシーンが多い選手だと思いますよ。
どんなスポーツでも同じですが、期待が大きいほど負けた時に戦犯探しみたいな事をするのは日本人の性格なんでしょうか。同じ日本人として寂しく感じます。オリンピック後の報道を見てそう思った人いませんか?

いずれにせよ近年に無く終盤まで期待が出来る状況にカープがあり、多くの解説者に「よくあの戦力で頑張ってる」と言われている事に幸せを感じながら、久し振りの緊迫した展開を見守っていきたいと思います。

投稿者 mito : 2008年08月30日 11:57

シーボル批判は
球団に対するジレンマがあるんじゃないですか。
新井の腰は元々悪かったようですね。
残留してもバックアップは必要だったかもしれない。
なのに、代わりがいないって
ファームで何を養成してんの?
首脳陣は何してたんだ、ってなります。
慌てふためいて連れてきた選手が
今はともかく、最初はさっぱり、だったし。
とにかく今年はシーボルに頑張ってもらいましょう。

投稿者 momo : 2008年09月01日 12:39

野村さん、多忙な毎日ご苦労様です。先日、野村さん、池谷さん、浩二さんの豪華ゲストで解説されていたのを拝見致しました。カ−プファンではない友人も野村さんの解説を褒めていたくらい、いい解説だったと思います。このコメント欄もサ−ド談義や采配談義で、皆さんのカ−プに対する想いが書かれていますね。
8/31の先発がルイスではなく健太だったのに『?』と思いましたが・・・よく考えると次の巨人戦を考えての起用だったのでしょうか。CS戦の初戦をホ−ムで戦うために、残りを多く残している巨人を叩く準備をしているのだと愚察します。横山を万全の体調で上げて、万全の体制で2位を目指して欲しいですね。

投稿者 fuku : 2008年09月01日 12:45

コメントをお寄せください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)