2008年07月06日

このチャンスをチームと個人の力にする為に


レギュラーシーズン再開後、良くも無く、悪くも無い。
チーム状態も同じ事が言えるのではないでしょうか?

クライマックスシリーズに大きなチャンスの今年、選手には見えないプレッシャーが徐々に掛かってきてると思います。
正直セリーグは阪神が独走態勢ですが、2、3、4、5位までどのチームにも大きなチャンスです。
7月と8月、この2ヶ月間が大きく左右する事は勿論、特に8月は北京オリンピックも有り、どのチームも主力選手が抜ける可能性があります。(カープも石原が選出されると大きな痛手ですが)
梅雨も明け、選手にとっては暑さとの戦いも含め、プレッシャーとの戦いです。

ここ数年でチームが経験していないAクラス入りに向け、即ち3位内の確保を勝ち取って欲しいですね。

そこでですが!
7月6日の東京ヤクルト戦(3−5での敗戦)で感じたことです。
ゲームの中での集中力と思いきりに欠けた事を感じました。

いつもの事ですが、負けても、勝っても反省の繰り返し・・・
次に生かしてもらう為に言わせて貰います。

まずは、赤松、アレックスのフライに対する連係のミスです。
非常に痛い場面でのミス。投手に与える影響は大きかったですね。
コーチ陣もそのプレーを見逃す事なくチェックしてもらいたいです。

それともう一つ。
代打に出た森笠に一言アドバイスをしたいですね!
代打の鉄則!思いっきりをもって打席に入る事!です。

この事は、特にチャンスの場面で行く代打の選手も覚えておいて貰いたいですね。
一打同点や逆転の場面で代打に行った時、良い結果が出ればそれに越した事は無いのですが、逆に凡打してしまった時、“その試合を自分1人の責任と思わない事”です。

試合が始まり、“2、3時間ベンチに居ることも、それもチャンス”で、1つの投球も無駄に出来ない状態です。
ファーストストライクに集中し、思いっきり自分のスイングをするだけ。
後のことは考えないことですね。

僕自身、現役最後のシーズンは、代打が多かったけれど、確かにチャンスの場面ではあれこれ考えていましたが、打席に向う間に“初球から”と、呟きながら打席に入っていました。

なぜそのように考えることが出来たのか?
それは多分、相手もプレッシャーが掛かってるんだと思えたからです。

最後に、代打に行った時、「ピンチヒッター野村」のコール後、スタンドの歓声で沢山ヒットを打たせてもらった事を思い出します。


carp08

コメント

現役を退かれても、まだまだ熱いですね
グラウンドを駆け抜けていた赤い7番を思い出します。
緊張感の中で戦ったことのないチームなので、5割の壁も大きいのでしょうか?(笑)
でも今のチームなら、きっと乗り越えてくれると思います。
赤松選手とアレックス選手の連係ミス・・
緒方さんや前田さんは、あーいうミスは無かったなと
ちょっと寂しかったかな
でも大丈夫です。
きっと修正してくると思います。
若いチームなので、今はいろんな経験を積んでいるんだと・・
心が折れなければ、Aクラスいけますよね
選手の心が折れないように、めいっぱい応援します!

投稿者 piyo : 2008年07月07日 12:45

野村さん,
熱いメッセージをありがとうございます。

カープはなかなか5割に届きませんね…
でも!
交流戦後,同一カード負け越しがないですよね!
(勝ち越しもですが…)

ペナントレース折り返し地点で借金2。
昨シーズンと比べたら…
昨オフの騒動を考えたら…
よくやっていると思います。
(まだまだ満足できませんが…)

Tが独走してますが,
今はCSがあるので,
最低限,3位以内に入り込んで
「大どんでん返し」を是非実現させましょう!

ルイス投手離脱…
中継ぎ陣の連投による疲労…
ここはファームから
活きのいい若手を大抜擢してもらいたいです!
もちろんファームで調子のいい選手も!

急に暑くなりました。
市民球場では厳しい蒸し暑さにも
打ち勝たねばなりませんね!

野村さんが現役時代に
見せてくださった
一球に対する集中力,
何とか出塁するんだという闘志を
今の選手たちにも受け継いでほしいです!

願いをこめて
七夕の短冊に書きました。
「カープ,クライマックス進出!」

投稿者 姉さんみんちい : 2008年07月07日 22:25

野村さん、今晩は、五割に、なかなか、行きませんね。選手には、ミスすることを恐れて欲しくは、ありません。イジーは、いけませんけど、ミスすることで、次のプレでは、成功のステップがあると、僕は、持っています。どの試合も、野村さんのおしゃるように、集中して、望んでほしいと思います。僕は、友達と、今月の九日の試合を球場で、観る事ができます。ようやく、生で、野球を楽しむことができそう。

投稿者 ソムレ : 2008年07月07日 22:42

なんというか、淡々と試合が進んで行き、
気がついたらリードされていた、
ハッとしたころには試合が終わる頃だった。
そんな気持ちがフワフワしたような
展開だった気がします。

今できることは何か?目指すものは何か?
選手の方々にそれぞれ頭を整理して頂き、
チームの思いをひとつにして戦って欲しいと
そう願う今日この頃です。

ファームでは優勝を争えるほどの勢いがあった
一時期に比べて、ゲーム差を開けられた今は
エアポケットに嵌まり込んだままの状態です。
このままでは一軍も同じことを繰り返して
しまいそうな気がしてなりません。

いつまでも穏やかな流れに甘えていてはダメです!
考えすぎず結果を求めすぎず大胆に!!

投稿者 愛鯉 : 2008年07月07日 23:55

交流戦明けのレギュラーシーズンに入ってからの、カープの成績は、3勝3敗2分。「5割の壁」を、突破できると、期待して応援しているのですが、5割の壁が、とてつもなく高く感じます。

先発の安定のなさが、中継ぎに負担をかけ、先日のヤクルト戦は、シュルツが打たれて負けました。貴重な先発の、ルイスが疲労回復の為、登録抹消中で登板回避、今日から上位チームの中日、阪神の6連戦です。この6連戦は、5割でいけば、まだ何とかなると思ってます。

カープは中日相手に今年は1勝しかしていません。今の中日には、けが人が多く、ベストメンバーでの、打順が組めない為、カープにとって、ここはチャンスです。大竹、長谷川が先発すると思いますが、この2人には「投げてみなけりゃ、わからない」投法から、早く脱却して貰いたい!!
この2人に安定さが増すと、Aクラス入りに期待がもっとできます。

打線もヒットはでるが、繋がらない。チーム打率はいいけれど、得点力が低い。4番に打点がたくさんつけば、楽な試合展開になるのですが・・・

今日も球場へ応援にいくぞ!
5割の壁を乗り越えて、ガンバレカープ!!

投稿者 ガンバレカープ : 2008年07月08日 08:05

野村さん、こんばんは!!

今週からいよいよシーズン後半戦のスタートですね。早速中日、阪神との6連戦。今シーズンを左右しそうな大事な一週間になりそうです。

今週が3勝3敗なら…なんて声が聞こえますが、最低4勝2敗(5割到達)でいきたいところ。ルイスのいない週ですが、後半を占う意味で大竹、青木、長谷川、大島、コズロースキーの中の選ばれた先発投手がどれだけ力を発揮してくれるかが楽しみです。特に大竹と同じ年の大島に何とか結果を残してもらいたい(願)

それと、私は森笠選手の大ファンなのですが、調子が落ちてきたのかフライが増えてきました。彼はそんな平凡な打撃センスではないはず。控えに甘んじる選手ではないと思いますが、今は代打で結果を出すしかありません。併殺でもゴロかライナー打ってる方が調子がいいな!って思えます。一発はいりません。ぜひ、左の切り札的存在になってほしいです。嶋や前田と切磋琢磨。優勝目指してみんな調子をあげていってほしいです。

今日も勝って得意の借金1。この壁を早く(明日にでも)乗り越えて憎きTをやっつけてやりましょう!!

投稿者 かみしゅう : 2008年07月09日 00:48

野村さん
10度目の正直!
「激的」サヨナラ勝ちです☆
カープ勝率5割達成のゲームを
幸運にもライトスタンドで
家族と一緒に観戦することができました。

天谷選手,最高ですね!
岸本投手,上野投手,横山投手
ナイスピッチングでした。

センターフライでしたが
緒方選手の打席も盛り上がりました。

ようやく第1目標到達!
スタートラインに立つことができました。
なんとしても明日勝って「貯金1」を!

夢に届きそうな予感…
帰りのバスの中でそう思いました。

カープファンで良かった!
そんなゲームを
まだまだ味わいたいです!

投稿者 姉さんみんちい : 2008年07月10日 00:32

初めまして。ここに初めて書かせてもらいます。
野村さんの解説にはいつも感心していつも納得しています。他の解説者さんとは違った視点にいつも驚かされます。僕は正直言うと横浜ファンです。
特に今年の横浜は打線は言うほど問題ないと思うんですが、投手陣が最悪だと思います。
野村さんは、今年の横浜のこの成績は何が原因だと思いますか??
また、野村さんはコーチ等、現場には戻ったりはしないんですか??
そういう気持ちみたいなのってあるんですか??
教えて下さい。

投稿者 ベイスタ : 2008年07月13日 00:46

野村さん
カープが強くなってますね!

D戦,負けはしたけど
7点差を追いついたり,

独走首位のTと対等に戦って
昨夜は1対0で勝利!

7月に入っても希望が持てるシーズンって
ほんとに久しぶりです!

暑い夏に
熱く燃えるゲームを!!
秋にはラストイヤーの市民球場で…!
夢が膨らみます!

投稿者 姉さん : 2008年07月13日 06:46

野村さんへ
モルツチームの試合を見に行きました。まさか、野村さんの盗塁が「また」見られるなんて思っていなかったので、手を思いっきり叩きつつ、グッときました。まだまだ鍛えていらっしゃったんですね!アスリート野村さんに「また」会えて感動の一日でした。

投稿者 さりー : 2008年07月15日 13:56

初めまして。暑い日が続きますね。カープの選手も心も熱くプレーしてくれていると思います。
ところで、カープの遊撃手として一時代を築かれた野村さんから見て、現状、梵選手と小窪選手どちらが遊撃手
として育つのがチームにプラスと思われるでしょうか?
私は、捕手を除くと内野の要はやはりSSと思います。ピンチの時などのキャプテンシーを考えると小窪選手に遊撃手になってもらいたいと考えています。ヤクルトの宮本選手のような…。
梵選手は今年は精彩を欠いているという事もありますが、彼は打撃から守備のリズムを作る感じ(故に打撃不振だと守備も悪くなる。)なので、守りからチームに流れを作れる選手とは思えません。カープは巨人とは違ってやはり守備からリズムを作るチームであると思うのです。まだルーキーの小窪選手の全てを計りかねますが、彼は守備からリズムを作る印象を受けたので…。
まあお互いが切磋琢磨してくれる事がチームには一番いい事であるのですが。
あと話しは変わりますが、攻撃の時、一番粘っこいバッティングをしているのがカープ先発投手であるような気がします。そこから他の選手が繋がっていく印象があります。投手がそこまで塁に出る事に拘らないと目を覚まさない打撃陣には少し苛立ちを感じます。野村さんは感じた事ありませんか?

投稿者 赤い林檎 : 2008年07月16日 17:41

野村さん、今晩は、札幌ドームでの御仕事、御疲れ様です。五割になった時の試合を観てきました。友達と観てきたのですが、改めて、生で、観る事は、好いものだと思いました。野村さんが、引退する時に、野球は、好い物だという言葉が、頭に、浮かんできました。ナインには、プロらしい野球をしてくれれば、きっと、プレイオフに出れると思います。今は、五割は、割っていますが、今からが、勝負だと思います。それでは、失礼します。

投稿者 ソムレ : 2008年07月16日 22:08

野村さんの現役時代はGファンにとって脅威でした。一本のヒットで盗塁、二塁打を打たれたのと同じになるのです。誰かの内野ゴロで3塁、あっという間に俊足を飛ばし一点が!にっくき存在でしたが、いま野球解説を聞くと冷静に分析された理論が展開され、一流選手であったことの理由がよくわかり、楽しいです。穏やかな語り口がいいですね。いつかまたユニフォームを着られると思いますがしばらくは野村さんの解説を楽しみたいと思います。

投稿者 mimiko : 2008年07月17日 09:49

ついに定位置の5位。
一時の勢いはなんだったんだろう。
ブラウン続投可能性低くなったのはほっとしてるが。
野村さんがされるのか内部事情はわかりませんが、
今度は言葉が通じる日本人でいいわ。

赤い林檎さん 同じです。
小窪は将来は先輩である宮本選手のようになってほしいですね。


投稿者 momo : 2008年07月18日 12:32

こんにちは、野村さん。

借金30以上の最下位横浜相手に3連戦、負け越しで勝敗でトータルでも五分になりました。
ここ十数年優勝、Aクラスから遠ざかっているカープの象徴的な数字ではないでしょうか。

正直今年もこれから失速しそうな予感がします。
今更ですがそのように感じるのは流れを読めない
ブラウンの選手起用を含めた采配です。
過去二年間、ブラウンの采配には柔軟性をほとんど感じませんでした。今年も相違はなく、大げさかもしれませんが、唯我独尊のように感じます。周りの評価や意見はシャットアウトという雰囲気を感じます。

今年は市民球場の最後の年を考えると、是が非でも2位になってCSを市民球場で開催してほしいというのは、
カープファンとしての思いですが、今までプロ野球やカープを見てきて、現実的に見ると今年もBクラスに落ち着くというところが現状のカープでないか思います。
冷めている見方もありますが、それははっきりと感じます。
優勝は1度のみでしたが、激しく優勝争いをした90年代のカープ(特に打撃陣)は奇跡や期待を持たせるチームでしたし、カープの試合(ペナント)自体がおもしろかったです。
しかし今のカープはそういったものを感じません。
それを一番に感じないのが監督の采配だからチーム全体にもそれを感じません。
今年代表的なのがシーボル、梵の起用ですが、投手起用に対しても同様におかしいと思います。
好投しているマエケンを早々と中盤で交代し、今月だけで4敗しているシュルツを勝ちゲームで登板させ、試合を壊しています。
ほとんど自滅に近い状況だと思います。
きつい言い方ですが、最近のみならず今までの試合でもそう思います。

期待したいという思いはカープファンとしていつでもありますが、その思いだけにとどまらせていないのが現状のカープではないでしょうか。

投稿者 一生カープファン : 2008年07月19日 08:28

いつも真剣に読ませていただいてます。
野村さん、本気で質問します。ブラウン監督の選手起用についてどのように思っていますか?はっきり言ってもう今年は期待していません。シーズン当初、その都度調子のいい選手を使うことを明言していました。はっきり言って、カープファン辞めたいくらいの気持ちです。多くのカープファンは同じ気持ちじゃないかと思います。今すぐに監督の交代を申し立てたいくらいです。選手の個人名を出すことはさすがに出せないので言いません。私は一人のファンとしての意見なので、プロとしての考えは分かりません。でも我慢の限界が来たので言わせてもらいました。
走らない、打たない、投げれない、んなチームで勝てるか!!!!!

投稿者 密かなカープファン : 2008年07月19日 20:01

野村さん
カープが弱くなってしまいました…

一週間でこうも変わってしまうんですね…
あんなに必死になって5割に達したのに,
借金は坂を転がるかのように…

やっぱりALL-INになってないですよね!
素人のファンでも感じているのだから,
ベンチにいる選手はなおさらでしょうね…

ルイス・横山両投手がいないから…
なんて言う次元の問題ではないですよね!

結果が出ていない選手には
リフレッシュしていただき
自力ではい上がってきていただきたいです。

ファームでうずうずしている選手も多かろうと思います。

我慢して使い続けても
チームが負けてはダメです。

カープはやっぱり
「耐えて勝つ」でないと!


投稿者 姉さんみんちい : 2008年07月21日 21:39

こんにちは。カープは、あっという間に借金7。酷いものです。ファンは、ブラウン監督に不満を持っているようですが、私は、この戦力で、しかも安い給料でよくやってくれているなと思います。そんな事より何よりも、この戦力を集めたのは、監督ではない。オーナーだ。監督をカープ出身者でやらせるのは、時代遅れもいいところだ。ファンの間では、野村謙二郎さんの監督を望んでいるようですが、あなたが監督をやったら、まず、東出選手がFAで他球団へ。ルイスは弱いカープを出て強い球団へ。とてもよい方向へは行かないでしょう。
監督批判はいいが、プレーしているのは選手だ。選手が情けないから、6連敗もしてしまうのだ。どこかでいけるのではないか? と過信したのでしょう。そう思った時、足元が崩れるものです。久々の10連敗を見てみたいですな。

投稿者 カープが憂鬱 : 2008年07月22日 14:38

連敗中なのでファンが殺気立っている状況ですが、選手も皆必死にやっての結果なので仕方ないとは思います。
ただ、不調で伸びしろも期待出来ない選手(某外国人選手)を起用し続けるのは如何なものかと思います。
開幕前に掲げていた走力野球。これも全くと言って良いほど実行に移しません。少しはヤクルトを見習うべきです。また、盗塁が出来ない理由は盗塁の技術を伝授出来るコーチが居ないからだと思います。走力はあるけど盗塁が下手って選手がカープには多過ぎると思います。
あと、カープには実績の少ない若手左腕が多いのですが、これも左腕のコーチを招聘するべきではないでしょうか?
カープの低迷を全て選手の責任には出来ないと思いますね。

投稿者 呉人 : 2008年07月23日 05:28

野村さん、来季監督をぜひお願いします!

投稿者 ひろし : 2008年07月23日 15:23

野村さん、こんにちは。
昨日、一昨日と凄いゲームでした。しかし、その前の連敗とここ2試合のゲームを見て野球とは些細なことでこれほどまでに流れが変わってしまうのか・・・と痛感しました。その中には、当たり前のことを当たり前にやることを見失ったときに悪い流れがやってきて、そこから抜け出すのは大変なのだという教訓がありました。そんな視点で昨日、一昨日のゲームをみてみると2本のサヨナラHRは確かに素晴らしく、流れを加速させますが、それよりも石原選手の自分のミスを取り替えそうとする意地、梅津・永川投手がしっかり仕事をする安定感、走者をしっかり送ってプレッシャーをかける攻め、前田選手の次へ繋ごうとする意識、大竹投手の打たれはしたが向かって行く闘志ある投球等のほうが目に付きました。
 しかし、当たり前のことという意味では守備面での僅かなミスもあり、「勝って兜の・・」ともいいますので、昨日までのゲームの中での反省点をしっかし確認して今日からのゲームを締めて行かないと、今の巨人は手強いです。
 今季のカープの目標はCS進出です。まだまだ、これからのほうが厳しいでしょうから選手達にはそこらへんを期待したいです。
あと、選手達に会う機会も多い野村さんでしょうから、是非「ファンは7連敗時でも全く諦めてはいなかった」と伝えてもらいたいです。

投稿者 cfan : 2008年07月28日 10:04

コメントをお寄せください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)