2007年09月17日

失敗は早いうちに取り戻せ!

巨人戦まさかの逆転負け。1年にあるか、無いかの試合でした。
確かに巨人にはシーズン1位といった大きな目標があり、モチベーション的にも高い事はありますが、カープにとっては信じられない敗戦でした。

その勢いそのままに3タテされて、新聞等で投手起用等いろいろと書かれたり言われたりしていますが、監督自身は現場で一番選手の事を見て決断した事だと思います。
どのチームでも相手に“打たれたり”、“抑えられたり”しますが、当然の事ながらその“打たれたり”、“抑えられたり”する事を少なくする事で、チームの成績が決まります。
ただ、それだけでは無いとも思うんです。

それは、“やられたこと”に対する“悔しさ”です。

その気持ちをどれだけ強く持って練習し、試合にのぞむかです。
その気持ちの強い選手が、良い成績を残してると僕は思うのですが、皆さんはどう感じていますか?

先程監督の采配の事を少し話しましたが、こんなシーンがありました。
先週の巨人戦の3戦目の巨人の采配です。
ノーアウト2塁で打者二岡の場面、原監督はバントのサイン。
ランナーを3塁に送り、2−0からの追加点3点目をどうしても取りに行く作戦に出ました。
しかし、二岡は2度のバント失敗で追い込まれてしまいましたが、その後に3バントではなく右打ち。
インコースの難しいボールでしたが、バットの根元での進塁打。

確かにバントでしっかり送り、リズム良く攻撃したい所ですが・・・
バントは確かにミスした訳ですが、結果ランナーを進塁させた訳です。
流れからすると1発で決めて欲しいのですが、ミスを引きずらずランナーを進めたことは、あの場面評価出来るし、進塁させた事で流れを悪くしなかった事も大きいですよね。

野球にはミスは付き物。しかし、ミスをいかに“早く取り戻すか”なんですよね。

初回にエラーしても次の打席やその試合の中で取り戻す。
極端な例を出しましたが、野球はこの“繰り返し”だと思います。ミスをして今日は“ダメだ”と思わず、今日“取り返す”気持ちで。

直ぐに取り戻せなくても決して忘れない事!

投手、野手に限らずチーム全体がそういった気持ちをもって・・・頑張って欲しいですよね!

carp


コメント

野村さん今晩は。
ファンとしては、こんな、試合は観たくありません。
悔しいと思って、プレイしているのは、ベテランの選手たちと、黒田選手、新井選手には感じられるのですが、後の中堅クラスの選手には、あまり感じられませんこれでは、チームが、浮上しないのも、分かる様な気がします。今のうちに、負ける事に慣れてしまうと、来年が見えてきません。今年は、春先に、五割に乗ったのにチャンスがあると思ったのですが、がっかりしました。ファンである以上、声援をしていきます。今年は、何とか、四位まで上がって欲しいと思います。試合に出るまで、いかに準備をしておくかが、大切だと思いました。

投稿者 ソムレ : 2007年09月17日 22:38

カープの選手には闘志が見えません。昔の事を言うのもアレですが正田さんや高橋慶彦さんや長嶋さんや野村さんに見られた闘う姿がテレビ見ても球場行っても見られません。星野監督が阪神や中日時代に闘志なきものは去れと言ってたみたいにカープはそんな監督になって欲しいです。来季もブラウン監督になるみたいだけど、また今年と同じ様な結果になりそうです

投稿者 野球小僧 : 2007年09月18日 09:48

野村さん、こんばんわ。

先週金曜日、東京ドームで悪夢としかいいようのない試合を観戦しました。
その時に握手してもらったものです。

上野投手には酷ですが、即戦力で入団してきたワケですから、あそこは抑えて欲しかったです。

ブラウン監督の選手起用については、いろいろと言われてますが、プロ野球選手として選ばれた精鋭、いわばスター選手ばかりですから、どんな場面であろうと結果は残して欲しいと思ってしまいます。
もちろん相手も同じくスター選手には変わりありませんが、同じ人間、やれないワケはない!と思う今日このごろです。

いずれにせよALL−INでがんばってもらうしかありません。
がんばれカープ!!!

投稿者 まいるど : 2007年09月18日 18:31

(。・_・。)ノ質問があります。

もしも、
体格が良くて、地元出身で、オーナーから気にかけられて「4番」として育てられている、

しかも、
面倒見の良い「先輩」がいた場合…。

野村さんなら、どのような気持ちで挑みますか?

…そのあたりのメンタル面が関係しているのでは?と思ったりすることもあります。

「自分が主人公」の人生を!野球の中で!!

投稿者 三上由記子 : 2007年09月18日 22:34

野村さん、こんにちは。
厳しい言い方ですが、カープ主体の記事を掲載している新聞でブラウン監督の采配に書かれていることは、自分も最もと思います。新聞はあくまで一般的なセオリーや見解を言っているだけで、ブラウン監督の采配は投手起用にかかわらず見ている側は「なんで?」と思う采配が多すぎます。それで勝てるのならともかく後に引きずるような負けばかりです。温かい声援やフォローも大切だと思いますが、おかしい所はおかしいと意見を言うことも応援するファンやメディアの役割だと思います。少なくとも今のカープは厳しい意見の方がチームを良くすると思います。

投稿者 一生カープファン : 2007年09月22日 12:31

野村さん初めまして。
野村さんは今年のカープの一二番をどう思いますか?
打率も出塁率も低く、打撃も淡白に見えます。この二遊間は他球団からしたら、いやらしい一二番でしょうか?簡単にアウトになっているように見えます。初球は見逃し、追い込まれてからがもろい。僕は素人ですけど他の選手にも言える事なのですが、一二番は特に粘らないといけないんです。簡単にアウトになっていてはチームの勝機が失せます。なので、ほんと素人の意見ですけど聞いてください。まず、初球はストライクなら積極的に振る。追い込まれたらクサい球はカットしたりファールにしてフルカウントからフォアボールを選ぶ、球数を投げさせるなど、アウトになるにしても粘られたら相手は嫌がります。相手投手のリズムも狂ってきます。(21日の嶋の川上から14球粘ってタイムリー)だから粘りが生きるんです。

僕はこう思うんですが、バッターは追い込まれたら不利ですけど、なんとかバットに当ててファールにすれば、もう一球打ち直しになって、そうやって粘っていくうちにタイミングが合ってくることってありませんか? 強いチームってこういうことを当たり前のようにしています。だから、カープのコーチ陣にはきっちり指導してほしです。
では

投稿者 やきゅっぱ : 2007年09月23日 00:26

コメントをお寄せください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)