2007年09月03日

2000本安打達成!おめでとう前田!

おめでとう!前田!

心からそう思います。
彼と長くプレーしてきて、苦しい時も沢山見てきていますが、通過点の2000本は自分の事のように嬉しいですね。

思い起こせば、彼がはじめて1軍にあがって来たことがついこの前のように思い出されます。
自分で荷物を持ち、ゲーム後に東京の宿舎に1人で2軍の遠征先からやってきたときの事を・・・

前田は僕より1年後に入団したのですが、入団したキャンプから打撃センスは僕らにも伝わっており、そして直ぐに1軍合流・・・。僕の高校時代を考えた時、“こいつは凄い奴なんだ!”と、チームメイトでありながらそのバッティングに興味を持っていました。
そして順調に成績を重ね頑張ってきたわけですが、何といっても神宮での“アキレス腱断裂”

目の前で見ていた僕も正直、“こいつ終わったな”と思いました。

しかし、懸命のリハビリを耐え抜き、見事復活しました。

thanks


彼は“天才”“侍”と言われてきましたが、僕はそうは思いません。
何故ならその努力精神力を目の当たりに見てきているからです。
バッティング技術は僕よりも数段上ですし、僕も彼を見て沢山勉強してきましたが、とても真似する事は出来ませんでした。
ただ、彼に負けないようにという気持ちは持ってましたが・・・(笑)

しかし、今年50年目を迎えた市民球場で、そして沢山のファンの前での達成は多くの方に感動を与えたと思うし、野球選手“前田”にも大きな感動を与えたとも思います。

stand




play


前田自身、あまり口数の多い選手ではないし、誤解される事も多いのですが、彼自身2000本達成した9月1日の球場の雰囲気の中、これからの彼の野球スタイルがもっと充実していきそうな気がします。

大きな変化が起こった気がします。

達成時、“もう今日は打席が回ってこない”状況からチームメイトが繋いで、最高の場面で達成した事も、前田自身に何か言葉では言い表すことの出来ない何かを感じたはず。

さあ、まだまだ2000本は通過点!

グランドで今までよりもっともっと輝く前田を見たいですね!

本当におめでとう!

maeda






 


コメント

「もう今日は打席が回ってこない」はずからチームのみんながつないで回ってきたのは野村さんの1999本目を思い出しました。

僕のまわりのカープファンでない人たちも、前田選手のことを喜んでいました。

本当に嬉しいニュースでした。

投稿者 たか : 2007年09月04日 00:22

1991年、オープン戦で5打数5安打し、開幕戦で先頭打者本塁打した時からただもではないと思っていました。その頃からずっと応援してき、東京ドームでの涙のホームランでは、やっぱりすごいと感動しました。
まだ5年は頑張っていただきたい。出来れば星野ジャパンの代打でもいいので選ばれてもらいたい。前田魂をオールジャパンに!!

投稿者 k.s : 2007年09月04日 10:17

すばらしい!!前田選手、本当におめでとうございます。
ふと、謙二郎さんが達成された時と重なりました。
野村選手そして前田選手は私にとって本当に青春そのもので、そのひたむきで、一生懸命な姿にいつの時代も励まされてきた一人です。
謙二郎さんが達成された時に「がんばっていればいい日が必ず来るということを信じて、これからもがんばっていきたい!!」と言われたこと、今でも胸に響いています。つまづくたびに、思い出しては励まされています。
カープファンで本当によかったと思いました。
前田選手、本当におめでとうございます。そして、ますますのご活躍を願っています。


投稿者 Ryu : 2007年09月04日 12:56

いつも楽しく読ませていただいてます。
最近のカープの試合を見て、一番不思議なのは、
なぜブラウンはいつまでも嶋に固執するのかということ。
そりゃ、あれだけ使ってればたまには打つこともあるでしょう。
しかし、外角にボールにも腰が引けてるようでは話になりません。
もう観ていて情けない限りです。そしてコアなファンは殆どが、
嶋のスタメンに対して納得していません。
しかもフォームを改造中とか。だったら由宇でやれ、って話です。
野村さんが監督になったら、こんな不条理な起用はしていただきたくないです。少なくともファンが納得する起用をお願いします。

嶋スタメン  51試合 19勝 32敗 0分 勝率 .373
嶋非スタメン 66試合 29勝 35敗 2分 勝率. 453

投稿者 熊五郎 : 2007年09月06日 23:55

嶋選手がスリーランを放った直後、『うそっー、もう前田まで回らん。』諦めかけた直後、梵、東出が出塁し、アレックスの時ランエンドヒット。二死二、三塁で新井。カウントはツースリー。今でも、この時の球場の雰囲気は忘れません。本当に最下位のチームなのかと思うくらいチームが一つになっていました。やはり1番2番が出塁すれば得点になることを改めて実感しました。最後になりましたが前田さん、勇気ありがとう。

投稿者 プロレスまみれ : 2007年09月07日 13:20

前田選手、本当にかっこ良かったです。
翌日の新聞を買いあさって切り抜きしていました。(^-^)v

打った瞬間も勿論いいんですけど、二人の息子さんと一緒に写っている写真を見てますます、好感を持っています。
野球選手が見せるホッとする瞬間って大好きです。

投稿者 三上由記子 : 2007年09月07日 22:43

仕事のため前田選手の2000本の試合はリアルタイムで見れませんでしたが、広島市民球場で多くのファンの前で達成できて前田選手もファンも本当に良かったです。
怪我との闘いでの2000本は尾形選手など足に不安を抱える選手たちに勇気を与えたと思います。
前田選手、本当におめでとう。

投稿者 一生カープファン : 2007年09月08日 17:10

今晩は。
本当に、二千本安打という記録は、並大抵な記録ではありません。そして、試合が終わった後のインタビューには、感動を覚えました。彼の、人間性見えた気がしました。ファンを愛し、チームメートを愛しいそして、家族を愛し、野球というスポーツを愛しているという事を人間的にも、素晴らしいと、感じました。これからも、ファンを楽しませてください。


投稿者 ソムレ : 2007年09月08日 22:12

 前田さんの2000本は僕の夢でした。野村さんの時もCARPの順位は下の方でしたが2人が達成した試合は首位を走るようなチームの勢いだったと思うと首位との力も紙一重なんじゃないかと思います。野村さん、前田さんそして金本さんがもう少しで達成する予感ですが96年の一番惜しかった時のメンバーに3人も名球会入りする選手がいたと思うと凄いメンバーだったなと思います。緒方さんや江藤さんなどケガや移籍で思うように動けないことを考えると2000本打てる可能性のあった選手ばかりだったな。ファンとしてやはりそういう個性のある選手が優勝して喜ぶ姿を見て幸せな気持ちにさせてもらいたいです。応援を続けていきます。

投稿者 Area.21 : 2007年09月24日 20:12

今日はヤクルトの古田さんの神宮最終戦でした。
昨日は佐々岡さん。二人は同期。そして私は古田さんと
同級生です。
CARPファンになって早30数年。いろんな人の最終戦や引退試合を球場でみてきました。
実を言うと前田さんの初ヒットも2000本達成も生で見ました。もちろん、グランドでのビ−ルかけも。
野球を好きでよかった。広島に生まれ育って感謝してます。
今シ−ズンも終わってしまいました。来年に向かって1番早くスタ−トがきれることはLUCKYです。
それぞれの選手が最後の試合を迎えたとき後悔しないように祈りながら。来年を楽しみにしてオフをすごします。佐々岡さん、古田さんありがとう!!!

投稿者 kan : 2007年10月07日 23:33

コメントをお寄せください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)