2007年07月22日

後半戦に向けての期待と選手の気持ちの切り替え

オールスター戦、カープ選手の活躍が目立ちましたね。前田の代打でのホームランに始まり、新井も、そして初出場の栗原も頑張りました。
黒田は貫禄の投球!フレッシュオールスターでは中東がMVPでした。ファンの期待に応えた内容だったと思います。

それにしてもファン投票で3人の選出。カープファンの応援に選手も当然感謝してると思いますが、OBの僕も非常に嬉しく感じました。このファンの期待を大きなバネに、後半戦でチームも浮上していって欲しいですね。

さてそこでですが!
後半戦に向けてチームは当然、クライマックスシリーズを目標に戦っていくわけですが、シーズンには選手個々において満足のいくシーズンと、そうでないシーズンがあると思うのです。

例えば1年間平均して自分の成績を出せた選手。逆に1年間自分らしい成績が出せなかった選手。
前半戦は良かったけど、後半戦は成績が落ちる選手。逆に前半戦悪かったけど、後半戦は成績を上げる選手。大きく分けるとこのようになると思います。

僕は総てのケースを経験しましたが、その中でも一番辛いのは1年を通じて自分の力を出せなかった時です。

そんな時、僕自身も正直思ったのですが、“今年は調子が悪いから、来年に向けて頑張ろう!”と、こんな気持ちになっことがありました。
毎日の練習でいろんな事をやっても中々調子が上がらず、最終的にそんな気持ちにたどり着くのですが、これは大きな間違いで、シーズン中にあるコーチに一喝された事がありました。

そうなんです。冷静に考えればまだ試合は残ってるし、練習でよくても試合の中で結果を出す事が一番自分自身の力になることを・・・
そういったことを経験したからこそ言えるのですが、いろんなタイプで後半戦を向えると思います。

自分を大事に、自分に強く、毎日の試合を大切に、先送りしないように戦って欲しいですね。

シーズンをどれだけ苦しみ、いろんな事を考えて試合を戦い、もがいた分ほど精神的にも強い選手になると思います。

そんな選手が多ければ多いほどプレッシャーは軽減すると思います。


carp


 


コメント

野村さん、今晩は。
今週からいよいよ後半戦です。3位まで12差。1位まで14.5差。厳しいけれど過去のペナントからして決して無理なゲーム差ではないと思います。これからのカープの鍵を握るのは、今回の元気丸で野村さんが言われていましたが自分も梵選手だと思います。
梵選手が先頭で出塁したら、東出選手が送りバントで一死二塁で少なくとも併殺の可能性が低い場面で3割前後の打率の栗原、新井両選手に回せます。当然どちらか一人でも安打が出たら、1点という形に持っていけます。
攻守の面で梵選手のプレーは重要だと思います。
カープの成績は梵選手のプレーに大きく左右されると思います。
そこで素人目の自分からみてのことですが、梵選手の不振は気持ちより打撃フォームに関係しているのではと感じます。梵選手の打撃フォームはひざを大きく曲げていますが、はたから見て何かとても窮屈に感じます。
かつて新井選手も今の梵選手と似たような打撃フォームでしたが、今のフォームになってから打率が良くなったように感じます。今年の梵選手のバッティングを見てると、ひざを大きく曲げることによってお尻に重心がかかり、バットを振った時バランスが後ろにかかっているので、球を真心に捕らえても振り切ることができず、二飛が多いように感じます。あと見逃三振が多いのも選球眼とかの気持ちの面よりもタイミングの取り方がうまくいってないような気がします。野球選手の多くは足を上げ、バッティングのタイミングをとっているように見えますが、梵選手の場合そのタイミングが遅くて球を見逃してるのかなと思います。
実際の所は良く分かりませんが、今のカープに梵選手ほどの実力を持った代わりの選手はいないと思います。それだけにチャンスで凡退だったりすると、不満も大きいですが、それだけ期待も大きいです。近い将来カープを牽引するだけの力と資質があると思います。一選手としてもとても好感の持てる選手だと思います。この後半戦も梵選手のプレーはカープにとってとても重要でプレッシャーもかかるけど、そのプレッシャーに勝てる選手だと自分は思います。この後半戦はもっと新井選手と共に野手陣を引っ張ってほしいです。そして、活躍してほしいです。しかしたとえ、不振でも悩まず、思いっきりプレーをしてください。

投稿者 一生カープファン : 2007年07月23日 01:02

オールスター投票、全部カープに投票しておきました。(^-^)v

投稿者 三上由記子 : 2007年07月24日 09:48

今日から、後半戦が始まりますね。野村さんの言われる通り、打順は、弄らない方が良いのではないでしょうか。あまりにも、神経質に成っている様な気がします。とりあえず、自分たちの野球をする事を心掛けることが大切なのではないでしょうか。そこから、始まると思います。堕ちたところ、まで、落ちたのだから、これからは、上がっていきましょう!笑顔を忘れずに、選手には、プレイをして欲しいですね。そして、恐い顔を見たいものです。勝負に対する、執念を見せてほしいものです。

投稿者 ソムレ : 2007年07月24日 11:35

2ケタのゲーム差がついてしまいましたが、野村さんが言われているように、毎日の試合を大切に、先送りしないように戦って欲しいです。それにこのゲーム差は1996年のリベンジを果たすには格好のゲーム差です。当時の11.5ゲーム差の上回るBehindからの大逆転劇、球史に残るメイクドラマを見せてください。カープがV逸だったら、頭を丸めると公言して、本当に頭を丸める羽目になった早大OB久米先輩の恨みをはらしてください。

投稿者 炎のストッパー : 2007年07月24日 12:44

他の掲示板に1番がアレックスと出てましたが

いいですねーー。

東出は成長がありません、チャンスに弱いしバントもダメ

野村さんどう思いますか?

投稿者 千葉 : 2007年07月24日 14:00

野村さんが現役の頃、「代打、野村」とアナウンスがあるととても興奮しました。今の前田智選手もそうです。ただ、野村さんは絶対何かをやってくれる!といったオーラがあったのですが、前田選手はどこか一打席勝負では迫力がないように見えます。チームの浮上には浅井選手のような代打の切り札が必要な気がするのですがどうでしょう?

投稿者 将☆ : 2007年07月25日 00:34

 私は、ストレートに前田選手の打席が見たいです!!幼い頃から、バッティングフォームを真似して研究していました!!打席では、他の選手にはない独特のオーラがあり、凄く期待して見入ってしまいます。バットにボールがくっついているかの様に見えるライト方向へのホームラン、もっと見たいです。しかし今期は怪我の影響もあってかなかなかスタメンで見ることが出来ません。
 やはり、これから浮上していくには前田選手の起用が(様々な相乗効果を含めて)必要だと思います。

投稿者 みっきー : 2007年07月26日 04:33

ファーストストライクから積極的に振れるようになり、打線は活発になりましたね。
狙い球が来たら「1球で凡退する怖さ」なんてネガティブ思考を捨て、力まずに仕留めるだけ!(そこが難しいんでしょうが)
凡退しても、相手に「初球から打ってくる怖さ」を植え付ければ次には繋がるので問題ない。
マーティが使い続けた嶋選手が得点に絡み始め、試合途中から入った選手もいい仕事ができてます。ベンチみんなが集中して野球ができているように感じます。
あとは梵・東出選手の1・2番ですかね?ここが最大の誤算だったように思いますが、あの華麗な守備をそのまま攻撃に繋げて欲しいです。
いよいよ反攻です!気合い入れて応援せねば。
それと前田選手の足がよくなりますように。前田選手の日本一美しい打撃をずっと見ていたいです。

投稿者 じょう : 2007年07月27日 10:13

先ずは後半戦幸先のよい3連勝に、関東の鯉党も千福で勝利の美酒を味わっているかと思います。それにしても、後半戦、どの試合を見ても、クローザーの出来、不出来が左右している試合ばかりです。昨日絶体絶命のピンチでウッズ切りを演じた藤川、それに対して炎上中の岩瀬。中ー神の3連戦は両クローザーの明暗がくっきりと出ていた3連戦でした。わがクローザーはというと。。。昨日の投球は完璧中の完璧。電光掲示板の「B」に一切灯りが点らず、12球で3人を料理。シーズン開始当初の制球力と有効なフォークを織り交ぜた投球が冴え渡りました。永川投手の出来、不出来の判断は、素人でも簡単にわかります。ストライク先行とフォークが有効か、この2点だけです。ストレートの走りは全盛時に比べると、まだもの足りなさを感じますが、先ずは防御率、セーブポイントとも、昨年の自身の成績を上回れるよう、シーズン終了まで、無失点投球をして欲しいです。

投稿者 炎のストッパー : 2007年07月27日 12:38

コメントをお寄せください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)