2012年12月 4日

こころの話

先週末、広島に日本テレビ系列の若手アナウンサーが集結。

西日本ブロックの研修会でした。 

そんな中で私はお手伝いをしつつ、研修に参加しました!

 

その中で真宗大谷派の僧侶、川村妙慶師の

講話がありました。

 

学生時代には京都で華道や茶道を学び、

フリーアナウンサーの経歴もお持ちの経験豊富な方です。

 

表現者に必要な「心」についてのお話。

 

「心」の漢字は「波」を表しているそうです。

 

喜んだり、いらいらしたり、不安になったり

上がったり下がったりする心。

 

よく外的要因のせいにしてしまいがちですが、

本当は、他人のせいでもなく、置かれた環境のせいでもなく、

自分の中に眠っている「性」「根」が、

心を浮き沈みさせるそうです。

 

コントロールすることはなかなか難しそうですが、

気づかないことに気づくためには、

外から自分を観る、「客観」ができるようになることですね。

 

深イイお話でした。

もっともっとたくさんお話をしてくださいましたが、

みなさまもHPをのぞいてみてください。

書籍も出版されています。

 

川村妙慶師のお話をきいて心がスッキリした

アナウンサーズでした☆

 

announcers.jpg 

 

 左から四国放送 寺島啓太アナ、高知放送 井手上恵アナ、

南海放送 宮嶋那帆アナ、西日本放送 堺瞳アナ、

広島テレビ 柏田久美子アナ、読売テレビ 立田恭三アナです。

投稿者 nishina : 22:59