2008年10月16日

映画

昨日は久しぶりに映画を観に行きました。

リチャード・ギア主演の『最後の初恋』

やっぱり、日本人なら絶対ないな、っていう

ちょっと歯がういちゃうようなシーンもあったけど、

リチャード・ギアは渋くてかっこよかった!

それだけに、最後は号泣です。

みなさん、ティッシュもって観に行ってください。

そして、昨日は映画監督さんの講演会にも行きました。


広島出身の日本テレビ 水田伸生さん!

『花田少年史〜幽霊と秘密のトンネル〜』『舞妓Haaaan!!!』に続いて、

12月6日に3作目『252 生存者あり』が封切となります!!

IMGP0154.jpg


『舞妓〜』では周りには当初無謀といわれた阿部サダヲさんを主演にし、

とにかく笑いのとまらないエキセントリックな作品に仕上げ大ヒットを納めました!


それが、一転!


今度は、大地震、巨大台風の直撃を受けた東京が舞台!!

パニック映画!!??

と思いきや、聞くところによると「人間愛」「家族愛」の

感動のヒューマンドラマになっているそうです。


おなかを抱えて笑った『舞妓〜』も、親子や恋人との感動的なシーンもあったし、

第一作の『花田少年史』は3組の親子のエピソードに何度も泣きました。

水田監督の作品って必ずあったかくなるものがあるんですよね。

今度の作品もハンカチ持参で。


ただ、崩落した新橋駅のセットを作ったり、

巨大台風のシーンなど、かなりのスケールで

一大スペクタクルの映画になっているそうですよ! 

まぁ、聞くだけでも

ハリウッド映画にありがちな単なるディザスター映画とは

絶対違いますよ!!

主演は伊藤英明さん、内野聖陽さんです!


そして今は、映画公開前日に放送する、2時間ドラマ

「252 生存者あり episode. ZERO」

を制作中だそうです!

ほこりっぽい撮影現場で日々、「よーい! スタート!」と地声を張り上げるせいで、

ちょっと喉がかれてました。

こちらは市原隼人さんが主演です☆

・・・と、私は作品の宣伝をしましたが、

実は、講演会では今度の映画のお話は少なかったんですよ。

まだ全国キャンペーンも始まってないし、

差し控えられたのかも。


今まで一緒にお仕事をされた俳優さん、

さんまさんや『舞妓〜』が遺作となった植木等さんたちの言葉や行為で、

心を動かされたエピソードとか、

映画作りや現場で心がけていらっしゃることなどなど。

どこまでここに書いていいのかわからないので、

それらのエピソードはしまっておきます。

ごめんなさい。


IMGP0174.jpg


講演の相手役をされたのが、水田監督と同級生で親交の深い

フリーアナウンサーの丸子よう子さんだったのもあって、

とても楽しいトークショーで

めおと漫才のような場面も多々あり、会場を沸かせていました。


実は私も2年前に監督とトークショーをしたことが・・・
CIMG5725.jpg
今回の丸子お姉さまの進行、勉強になりましたm(_ _)m


人を喜ばせることが大好きな監督さんなので、

最新作、みなさん楽しみにしていてくださいね!

投稿者 nishina : 20:17