2007年9月17日

大竹しのぶさん♪

東の京の都へ、お芝居を観に行ってきました。

ロシアの作家・劇作家チェーホフの生涯を描いた、
井上ひさしさんの「ロマンス」
(演出:栗山民也さん)

チェーホフのことはよく知らなかったんですが、
大竹しのぶさん、松たか子さん、木場勝己さん、
段田安則さん、生瀬勝久さん、井上芳雄さんという超豪華俳優陣!!

音楽、歌、踊りもある軽喜劇。ボードビルというらしい。

6人の俳優と、生演奏するピアノ奏者しか舞台にはでませんが、
その6人がそれぞれ複数の役を演じるのがおもしろかった!
男性4人ともチェーホフを演じるんです!
これが、まったく混乱しないようになっているし
違和感もあまりないんです。

そして、感動したのは大竹しのぶさん!

婦人警官、
腰の曲がった太った老婆役、
夫を亡くした未亡人、
ロシアの女優でチェーホフの妻のオリガ役。
他の人と同じく、複数の役を演じるのですが、
さらに、それぞれにおいても、状況によって
表情や声、しぐさがみごとに変わり、
生で拝見して演技力のすごさを改めて感じました!

女優の駆け出しの頃のオリガは、バイト先のレストランで、
タバコ売りをしていて
「困ぁった〜 ト・キ・は おタバッコを〜♪」
と、ワルツを踊りながら歌うところはとってもかわいらしかった☆

貧しい老婆の格好で登場したときは、
足をおおっぴろげて座ったり
転がったり、おじいちゃんの真似をしたり・・・
一挙手一投足やしゃべりに、会場は爆笑の渦☆

松たか子さんはきれいで、終始見惚れてしまいました☆
献身的に兄につくしたという妹マリヤ役にピッタリ!
歌手としても活躍している彼女の歌も聴けてラッキーです!


「ロマンス」世田谷パブリックシアターにて30日まで。
人を幸せにする言葉や笑いの詰まった作品ですよ☆

投稿者 nishina : 21:03