2007年2月 2日

『幸福な食卓』

先月「てっぺん」で、みのりさんが紹介した
映画『幸福な食卓』を私もようやく観ました!
今度は京都のMOVIX京都にて一人。
 ・・・なぜ、京都で一人でなのかは、次回のブログにて。

12月くらいに瀬尾まいこさんの原作をさわりだけ読んでいて
静かな感じの話なのかなと思っていました。

ところが、映画の後半、かなり衝撃を受けました。
全体的に静かなトーンなだけに、
とってもショッキングです。
『東京タワー』のように、「泣く映画だ!」とハンカチを手に持って臨んだわけではなかったので、
涙があふれてきたときはオロオロ・・・
下に置いてるバッグからハンカチを取り出す行為を
周りの席の人に気づかれるって、
ちょっと気恥ずかしくないですか?
しばらく我慢していたけど、どうにも涙がとまらなくて、コートのポケットを探ると、
ティッシュが入っていました。はぁ〜ラッキ〜。
映画館を出ると目が真っ赤になっていました。
昨夏の『花田少年史〜幽霊と秘密のトンネル〜』以来
こんなに泣きました。

ただ作品は、悲しいだけではなく、笑いもあり、
最後は、自分がふわ〜っと優しい笑顔になるのがわかりました。

主演の北乃きいさん、まだあどけなさを感じる素朴な演技が良かったです。
ドラマ「14才の母」の役とは全く違う雰囲気で高感度大◎
エクボを作って「おぅっ!」と、一人でボーイフレンド大浦くんのまねをするのがかわいいんですよ!

歯車の合わなくなった家族を支える佐和子、悲劇も2度襲われた佐和子を
みなさんも応援してあげてください。
『幸福な食卓』全国松竹系で公開中です!
瀬尾まいこさんの同名原作(講談社)もオススメです☆

投稿者 nishina : 16:19