2006年8月21日

球史に残る決勝戦

行って来ました、甲子園。
仕事ではありません。わが母校、早稲田実業を応援するためです。
駒大苫小牧対早稲田実業の決勝戦。
当日、早朝の仕事があったため、少し出遅れて午前9時半に甲子園に到着しました。
しかし3塁側アルプス席はすでに完売。プレーボールまで3時間半もあるのに・・・

甲子園.JPG

途方に暮れていると、持つべきものは友。同級生がチケットをゲットしていてくれました。ありがとう。
よく見ると球場の周りには同級生の姿がたくさん。10人以上は確認。
母校愛って素晴らしい。

同級生とJ.JPG

開門してから炎天下で3時間以上待ち、いよいよプレーボール。
卒業して何年も経つというのに、校歌や数々の応援歌をみんなしっかり覚えています。
体の中にはエンジ色(スクールカラー)の血が流れているのだと実感!

試合はご存知の通り、球史に残る大接戦。
自分が現役のころと最も違ったのが、チアリーディングの姿です。
硬派な男子校だったはずが、数年前から共学になっていたんですね。
そりゃあ、選手もなおさら力がでるってもんです。

看板J.BMP

8回裏に後藤君の犠牲フライで同点に追いついた時に歌った「紺碧の空」の気持ちよかったこと。
今日の再試合では、きっとこの歌が何度も歌えるような展開になることでしょう。
ミスも少ない試合でしたし、両チームの集中力がすばらしく、あっという間に延長15回、およそ3時間半が過ぎてしまいました。
試合が終わった瞬間はみんな総立ちで、選手にスタンディングオベーションです。

球場を出ると、近くの居酒屋で同級生と「反省会」。
こうしてみんなを集まらせてくれた後輩たちに感謝です。

反省会J.JPG

その場で同級生の松本君は会社に電話。
「一生に一度のことなんで、もう一日休ませてください。」
すごいよ松本君。一回戦から全試合スタンドで応援してるなんて、卒業生の鏡だよ。

私はさすがにそんな電話をかける勇気もなく、泣く泣く帰ってきました。
まもなく再試合のプレーボール。
選手の疲労は限界に達しているでしょうが、せっかくもう一試合できるのですから甲子園の雰囲気を思いっきり楽しんで欲しいものです。

投稿者 nagashima : 11:09