2009年5月29日

うわさの呉冷麺

4月24日のブログに引き続き「呉冷麺」ネタです。

冷麺は、夏の食べ物のイメージですが
呉では年中食べられる店が多いんです。
呉にある呉冷麺の元祖『珍来軒』や
人気店の『呉龍』などでは、
冬でもラーメンに劣らぬ人気だそうです。
そのうち、『秘密のケンミンSHOW』で
「広島つけ麺と呉冷麺を愛する広島県民は年中冷たい麺を食べる」
なんてネタが取上げられるかもしれませんね。


最近でこそ、広島市内でも呉冷麺が食べられるようになりましたが
ちょっと前までは、広島市内には店が皆無でした。
やっぱり、夏の食べ物だから年中冷麺を食べる文化のない街では
季節を限定するメニューでは商売が難しいんですかね。

しかし、今回行ってきた
広島市中区十日市町にオープンした
『呉麺屋(ごめんや)』は、なんと冷麺の専門店なんです。
gomenya1.jpg


呉冷麺の名店ですら、ラーメンとの併用なのに、
この店は、「冷麺だけでごめん、ごめん」
というなかなかの志なんです。


店内には、呉冷麺をリスペクトした説明書きもあります。
gomenya2.jpg


食べ方も書かれています。
gomenya3.jpg


まずは定番の、呉冷麺 (並盛700円)をいただきました。
gomenya4.jpg


具は、チャーシュー、エビ、キュウリ、煮卵と
呉の店と変わらないラインナップです。
麺はもちろん平打ち麺。
呉冷麺は、麺を食べさせるメニューで
麺多め、スープ少なめというスタイルで
並盛でも麺の量が結構あります。
まずは、麺だけをスープに絡めていただきました。
麺はのど越しがよく、コシもあります。
スープは、最初甘いかなーと思いましたが
辛さが後からピリッと広がり
パンチの効いた味わいです。
酸味がほしい人は、卓上にある
呉冷麺の定番的調味料「唐辛子酢」で調整できます。
僕は、元の甘辛い味わいを楽しみたいので
「唐辛子酢」はあまり入れませんが
これを入れると一味違うシャープな味わいに変化します。

定番の呉冷麺以外にも、キムチ、香味野菜など
5種類の冷麺があります。
その1つが、トマト冷麺(並盛850円)です。
gomenya5.jpg

トマトの酸味と、甘辛いタレがよく合います。
野菜もたっぷりのっていて、さっぱりした味わいだから
これからの季節、重宝しそうな一品です。


広島市内では、呉冷麺が食べられる店は
まだまだ少ないですが、
これだけクローズアップされれば、
今年は、夏限定でラーメン屋さんなどの
メニューに並ぶかもしれませんね。
というか、限定でもいいので、
どこかの店がやってくれないかな〜。

【グルメFILE73】
店名 呉冷麺専門店 呉麺屋(ごめんや)
住所 広島市中区十日市町1-4-24
電話 082-232-2810
(eat 2009/04/30)

【脱メタボFILE23】
体重     88.2kg(+0.2kg)/目標75.0kg
体脂肪率  24.4%(-0.1%)/目標18.0%
腹囲     104cm(±0cm)/目標90cm
(measure 2009/05/29)