テレビ派

コーナー紹介

俳句道場

放送日:2017年11月17日(金)

第74回 お題「昔ながらの餅つきをし、ぜんざいを食べる子どもたち(動画を見て)」(選と評 谷村秀格先生)
<谷村秀格(たにむらしゅうかく)プロフィール>

句の「スケール感」や句の背後の「詩情の広がりや深さ」を重要視する『宇宙流俳句』のパイオニア。『宇宙流俳句会』主宰。1976年広島県東広島市安芸津町木谷生まれ、同町在住。句歴26年

総評

今回のテーマは「昔ながらの餅つきをし、ぜんざいを食べる子どもたち(動画を見て)」。
今回の動画の特長は何と言っても「おもちつきの楽しさ・楽しみ」でしょう。
その気分が如何に伝わる句にするか、それがポイントでした。

この俳句道場で、動画から詠む場合のポイントは原則3つあります。
1. 動画から安易に飛躍せず、作者と動画が一体となって詠まれていること。
2. 動画の気分が出ていること。
3. 作者の解説や動画なしに句を詠んでも、詩として成立(自立)していること。

大賞句は、お餅つきの楽しさを、音の様子によって、端的に伝えていて見事でした。
今回は残念ながら、入賞句はなし。
特選は原則、動画の気分を上手くとらえたもの・飛躍しつつも句として芸術性の高いもの。
入選Aは原則、動画の気分を伝えるような句。
入選Bは原則、思いがやや先行しすぎた句、句の自立「上記3」が弱い句。
選外は、飛躍のしずぎ、気分に乏しいもの、などとしました。

今回は入賞句なしに象徴されるように、全体的に低調。
「散文的(普通の文章の省略)」的な句が多い一方、卒なく詠まれた句も多く、残念でした。
全体的なポイントとしては、「切れ」を意識してみてほしいと思います。
「切れ」は、分かりやすいところでは「切れ字(や・かな・けり)」などの詠嘆などで意識されますが、それだけにとどまりません。
「切れ方」も、しっかり切れているもの、軽く切れているもの、切れ字を使っているのに切れていないもの(多くは失敗)等、様々です。
「切れの効果」はいろいろありますが、これによって散文的な概念から飛躍できることが一番の収獲です。
詠み方にもよりますが、切れの前後で、時間・空間・質量・概念の飛躍・次元の飛躍などができるのです。
「切れ」が分かること = 俳句が分かること、と言っても過言ではないでしょう。
「切れ」やその前後の飛躍、を意識して古今の名句を味わってみると参考になるでしょう。

ご投句いただいた皆さま、放送をご覧いただいた皆さま、どうもありがとうございます。
目先の結果に一喜一憂することなく、毎週の感性を磨く機会を楽しんでいただければ幸いです。
お一人様、5句程度まで。
どなた様も「テレビ派ホームページ」トップ画面のバナーからお気軽にご応募ください!

大賞

「踏み臼の音跳ね回る冬の里」(ペンネーム「モリババと40人の盗賊」さん)

踏み臼は唐臼ともよばれ、大昔に中国から伝った道具という。
てこの原理で足で踏んで杵を動かし、精米や餅つきを行う足踏み式の臼のことである。
動画を見て、今では珍しい踏み臼に着目した観察眼がまずすぐれている。
たしかにこれは今回のお題の動画中の特徴である。
しかし、なんといってもこの句の一番のよさは、「音跳ね回る」という表現。
この表現によって、餅つきをする子どもたちの楽しそうな様子が、あますところなく伝わってきて見事である。
お題の動画には子どもたちが出続けていたが、それを直接詠まず、「跳ね回る臼の音・里」などのモノに託すことによって、間接的にイメージさせているところもうまい。
俳句は「寄物陳思(ものに寄せて思いを述べる)」ということが分かってきた方である。
動画の気分を充分に伝える一句です。
大賞おめでとうございます。
次回もぜひご応募ください。
<作句のポイント>
俳句は「寄物陳思(ものに寄せて思いを述べる)」。気持ちや感動を直接のべない。

広島俳句名人詠(無鑑査) ※入賞10回を経た俳句名人の句を本人のコメント(※印)とともにご紹介(→は選者評)。

・餅つきやジャンプで届く青い空(ペンネーム「あや」さん)
※映像ののびやかで元気なイメージで。
→句を論理や意味で解釈しようとすれば分かりにくい句であろうが、句で大事なのは論理や意味ではなく「気分・ムード・イメージ」。本人の言われるように、子どもたちの「のびやかな印象」がよく伝わる楽しい句である。のびやかな宇宙流の一句であろう。

・ちびっ子の空に伸びゆく餅の音(ペンネーム「リリーアルビデオ」さん 37歳)
※子どもの成長と餅がつきあがる様子を句にしました。
→これものびやかな宇宙流の一句。「餅の音」が少し伝わりにくいかもしれないが気分はよく出ている。

入選句

特選

・つくほどに頬染めてゆく臼の餅(ペンネーム「じゅんこバズ」さん 37歳)
→「臼の餅」の前に「かるい切れ」がある句。それが効果的で人間の顔が「染まる」のと「餅」が人々の熱気で「染まる」両方のイメージを引っ張ってきて上手い。課題はもう少し動画の気分を出すことであろう。この方向で。

・善哉の椀並べたる餅の音 菊池洋勝(ペンネーム「菊池洋勝」さん 46歳)
→「善哉」に「餅」を入れる前を詠んだ句か。落ち着いた詠み方が子どもをお題とした気分には合わないが、切り取り方が面白い。次回も挑戦を!

・県北っ子の青空授業きねの餅(ペンネーム「日向ぼっこ」さん 47歳)
→お題を素直にとらえた句。賑やかな気分が出ているようである。課題は直接的な表現を避けることであろう。次回も挑戦を!

・どこまでも伸びるお餅と地域の子(ペンネーム「角森」さん 49歳)
→こちらも上の句と同様、ストレートに言いすぎ(特に「どこまでも」)なのであるが、お題の楽し気な雰囲気と合っているようである。次回も挑戦を!

・餅つきの合いの手ひびく校舎かな(ペンネーム「カープ女子黒ちゃん」さん 50歳)
→動画の特長を見事に象徴していて上手い。課題はどこかしら常識的なところ。もう少し実感を大事に詠むようにしたい。この方向で。

・餅つきの空の階刻む子ら(ペンネーム「クローバー」さん 53歳)
→お題の動画が踏み臼だけに空はよく合っているし「階」もよく効いていて気分もよく出ている。課題は全体的に散文的・説明的なところを咲けること。次回も挑戦を!

・冬の雲かぶりつきたる子らの頬(ペンネーム「すずらん村。」さん 55歳)
→これでよい。ただしこの句は動画とともに味わう分には見事なのだが、句だけを味わうと伝わりにくい。そこが課題である。次回も挑戦を!

・割り箸と綱引きをして餅喰らう(ペンネーム「⑦パパ」さん 61歳)
→把握はいいし気分もよく出ているユニークな句である。課題は説明的な方向を避けること。読者としては、説明してほしいのではなく感じさせてほしいのである。次回も挑戦を!

・冬空に響き渡るや杵の後(ペンネーム「バーガーとうちゃん」さん 62歳)
→「杵の後」が伝わりにくく惜しい。「杵の音」のほうがよさそうである。俳句は「寄物陳思」なので感情や心情を説明せず、このようにモノに託して詠むようにしたい。この方向で!

・もちつきの弾む校庭咲く笑顔(ペンネーム「益田千賀子」さん 62歳)
→「咲く笑顔」これをありふれた表現と一刀両断することは簡単だが、私はこれはこれでよしとしたい。餅つきのリズムに合わせてひとつづつ笑顔が広がる気分をよく伝えている。この方向で!

・つきたての餅を食う子や杵の音(ペンネーム「真夏のクリスマスローズ」さん 66歳)
→「おいしそう・楽しそうな気分」を音に託してのびやかに伝えている点が光った。課題は「つきたて・餅・食う・子・杵・音」とすべての言葉の関係性が近く飛躍に乏しいところ。次回も挑戦を!

・杵つけば小さき足に餅の声(ペンネーム「きいたん」さん 68歳)
→子どもたちのかわいらしさを「小さき足」に託した句か、面白い切り口である。空間を大きく詠むだけが俳句(宇宙流)ではない。蚊の羽音で宇宙をイメージさせるのも俳句の魅力。この方向で。

・餅つきや地球まるごと頬張る子(ペンネーム「うり・ぴーママ」さん 69歳)
→空間を大きく取った宇宙流の句か。「餅→地球」では少々飛躍しすぎだが、のびやかさはよく出ている。課題はもう少し動画の気分・特徴をくみ取ることであろう。次回も挑戦を!

・ぜんざいをほうばる子等の地域の輪(ペンネーム「ヒロリン」さん 69歳)
→標語的な句であるが、小学生を詠んだ句だけに雰囲気もあっている。人が少ない土地だからこそ輪がよりあたたかい。課題は正論をではなく、この動画ならではの実感を掴みにいくことである。

・餅つきの音こだまする校舎かな(ペンネーム「あしながおじさん」さん 71歳)
→お題の事実を卒なく伝えていて上手い。しかしこの句の場合「こだま・校舎」で少しものさびしい。課題は事実を詠むのではなく、動画の気分が感じられるようにすること。次回も挑戦を!

・餅つきや天までとどく子らの声(ペンネーム「めがねバーバ」さん 72歳)
→「天までとどく子らの声」というのはよくありそうな表現であるが、「餅」は古来より神様仏様への捧げものであり、縁起物。それ故「天まで」という表現もふさわしい。のびやかなこの方向で。

・善哉を囲む子の輪に落ち葉ふる(ペンネーム「コスモス」さん 74歳)
→句だけを鑑賞したとするとムードのある句になっている。課題はもう少し動画の気分が感じられるようにすることである。

・小春日や子等ぜんざいの餅伸ばし(ペンネーム「柱時計」さん 74歳)
→少し平凡であるが上手い詠み方である。名人まであと少しであるが焦らず自分の世界を詠っていってほしい。課題はお題の特長を大胆につかむことであろう。

入選A ※下線部が感情・心情・説明・演説・直接、などの惜しい表現。

・餅つきや大地伸ばして丸める子(ペンネーム「ルビー」さん 18歳)
・子どもらの搗きたての餅のびのびと(ペンネーム「ふくろう」さん 39歳)
・やわらかき餅丸める手や明き雲(ペンネーム「かつたろー。」さん 41歳)
・子供らの掛け声餅と共に捏ね(ペンネーム「Dr.でぶ」さん 45歳)
・ふるさとの食育伝ふ児らの冬(ペンネーム「かすくん」さん 45歳)
・餅伸びぬ遊ぶ男子と叱る女子(ペンネーム「伊予吟会 宵嵐」さん 47歳)
頬染めて白き餅つく園児達(ペンネーム「「雅」みやび」さん 54歳)
赤き頬餅でふくらす童かな(ペンネーム「そら」さん 57歳)
・餅つけば秋空にひびく子のヨイショ(ペンネーム「やっちゃん」さん 57歳)
・寒き日の餅つく童の赤き頬(ペンネーム「りんの」さん 57歳)
・餅つきや子らの瞳の大地踏む(ペンネーム「ハイカー」さん 59歳)
秋惜しみぜんざい食べてえびす顔(ペンネーム「ひなじいさん」さん 63歳)
・餅つき集う子供の丸い顔(ペンネーム「ペケポン」さん 69歳)
・つきたてを頬張る子ら冬近し(ペンネーム「若っ貴(わかったか)」さん 69歳)
・餅つきの歓声包み抜ける空(ペンネーム「水彩少年」さん 71歳)
・唐臼で餅つく子らや声弾む(ペンネーム「コウちゃんのじいじ」さん 72歳)
・ぜんざいの頬張る子ら冬休み(ペンネーム「匿名じいさん」さん 72歳)
・冬日和真白き餅笑顔の子(ペンネーム「だいさん」さん 74歳)
・バンダナのひょっとこ口や餅のびる(ペンネーム「テッちゃん」さん 79歳)
・バンダナの色に始まるお餅搗き(ペンネーム「ハイカー」さん 82歳)

入選B ※下線部が感情・心情・説明・演説・直接、などの惜しい表現。

・あん黒し子供のついたもち白し(ペンネーム「コンスタンチン」さん 11歳)
長年の校舎見守るお餅つき(ペンネーム「スネイク」さん 14歳)
・寒空にぜんざい食べて元気出る(ペンネーム「詩人たこらいす」さん 42歳)
ぜんざいをすくって笑顔子供達(ペンネーム「武相乱」さん 42歳)
・お雑煮を食べても正月まだまだだ(ペンネーム「異邦人」さん 44歳)
子供達ぜんざい食べる顔真っ赤(ペンネーム「叔父ちゃん。」さん 44歳)
・餅食べる持ち上げたるその頬に(ペンネーム「ギザギザ仮面」さん 45歳)
・杵と臼初めてついた旨し(ペンネーム「桃色リボン」さん 45歳)
・餅つきや子らはお椀に丸くなる(ペンネーム「ブルージャスニン」さん 47歳)
・足踏みで絆つむぐ子ら餅をつく(ペンネーム「普通にありちゃんが好っきー」さん 47歳)
背丈より大きな杵に踊らされ(ペンネーム「ちゃちゃ丸」さん 51歳)
ペッタンコリズムに合わせてお餅つき〜(ペンネーム「やまかぜファイブ」さん 55歳)
真剣にぜんざい食べる子等の顔(ペンネーム「やんちゃん」さん 56歳)
はふはふとぜんざいの餅師走かな(ペンネーム「蓮子」さん 56歳)
掌をピンクに染めて餅丸め(ペンネーム「ハラペコ」さん 57歳)
・ぜんざいに隠れた餅の恋心(ペンネーム「たけの子」さん 58歳)
飲み込んだ餅がお腹を熱くする(ペンネーム「ベルまま」さん 59歳)
田舎風餅つきの味赤き頬(ペンネーム「ゆきんこ」さん 59歳)
思い出す母のぜんざいちと甘め(ペンネーム「孫4人じぃじ」さん 61歳)
・餅つきの子供の笑顔孫の顔(ペンネーム「是多」さん 63歳)
・弟の姉に負けじと餅食らふ(ペンネーム「痺麻人」さん 64歳)
・先生の声がひびくよ餅つく日(ペンネーム「猫またぎ65」さん 65歳)
年の瀬の孫の笑顔は餅つきで(ペンネーム「八重桜」さん 67歳)
・園児つくこねこね餅はまんまるや(ペンネーム「さくら」さん 68歳)
・子ら作る餅の大小はしゃぐ声(ペンネーム「高屋の園」さん 68歳)
モチモチ手まっ白エプロン鼻の先(ペンネーム「グラングラン」さん 69歳)
・杵つきの餅の白さと赤いホッペ(ペンネーム「キートン」さん 70歳)
・風つたうおもちぺったん子のほっぺ(ペンネーム「ふー」さん 70歳)
・頬赤き児ら頬張る餅のやわらかく(ペンネーム「パラパラ」さん 71歳)
・餅つきや猫も杓子も粉まみれ(ペンネーム「明生」さん 71歳)
こうしておれぬ園児等の餅の音(ペンネーム「みなと」さん 74歳)
・園児らとぜんざい唐臼戦後談(ペンネーム「東広島のなそじい」さん 74歳)
・餅つきの合いの手よいしょ園児かな(ペンネーム「めぐちゃん」さん 77歳)
・ぜんざいをみんなで食べたら美味しいね(ペンネーム「彩の介」さん 77歳)
・新餅をほおばるひよこ空高し(ペンネーム「呆人」さん 77歳)
・餅喰らろうて子らが椀搗いた搗いた(ペンネーム「ワイ」さん)

入賞入選の皆様おめでとうございます。

◎次回のお題は
「ボジョレ・ヌーボー解禁に合わせて集った人々の様子を映像でみて思い浮かぶ句」
大賞の方には3,000円分のクオカードをプレゼント!
奮ってご応募ください!

過去の放送内容