広テレ
放送:日曜日  夜9時54分〜10時

※時間が変更することがあります

第17回(2019年8月20日放送)三次町の妖怪スポット巡り

◆ 伊達澄奈レポーターコメント

今回は、三次に古くから伝わる妖怪伝説「稲生物怪録」の舞台になった三次町を歩いてみたいと思います。
うだつの残る古い町並みと石畳が印象的な三次町。ここ三次町は江戸時代から伝わる妖怪文化を象徴するスポットが数多くあります。物語の発端となる、比熊山は三次町の北側にあり主人公の平太郎が肝試しをするために登ったと言われているんですよ。比熊山にある「たたり岩」に印をつけてくるという肝試しのあと、平太郎の屋敷に30日間にわたってさまざまな妖怪が襲いかかったとされています。けれども16歳の平太郎は、物怪に動じることなく最後は降参させたんです。
三次町にはその他にも物語に登場する目と足のある「かに石」になったと言われる石もあるんですよ。
今回は、物怪録の世界を自分の目で追体験することができて不思議な気分です。

Facebook Instagram バックナンバー 三次市 三次市観光公式サイト