広テレ
放送:日曜日  夜9時54分〜10時

※時間が変更することがあります

第15回(2019年8月6日放送)伝統の技を満喫 三次の鵜飼

三次の夏の風物詩と言えばなんといっても "鵜飼" ですよね!
今回は、何度行っても楽しめる "三次の鵜飼" の魅力を探っていきます。
広島県の無形民俗文化財に指定されている "三次の鵜飼" は水に潜って魚をとらえる鵜の習性を利用した漁法で、 "三次の鵜飼" は450年あまりの伝統を誇り腰蓑姿の鵜匠さんが鵜を巧みに操ります。
今年の "三次の鵜飼" は、6月1日(土)から9月10日(火)まで運行されますよ。そして、今年も吉本興業の若手芸人が "三次の鵜飼" を盛り上げます。遊覧船に乗って鵜飼ガイドを行う「藩飛礼」、遊覧船の船頭を務める「クレメンス」得意の話芸で船内を盛り上げます。
見どころいっぱいの "三次の鵜飼" にぜひお越しください。

Facebook Instagram バックナンバー 三次市 三次市観光公式サイト