広テレ!

ひろしまケンケンプロジェクト

◎ひろしまケンケンプロジェクトとは?

平成25年調査で広島県の「健康寿命」は全国44位と低迷しています。男性は33位ですが、女性に限ってはワースト2位という不名誉な順位となっています。(平成25年:厚生労働科学研究費補助金「健康寿命における将来予測と生活習慣病対策の費用対効果に関する研究班」より)
そこで、広島テレビは開局55年を機に、健康寿命をのばし元気で長寿を迎えられる広島県をつくろうというコンセプトで、4月から健康寿命延伸キャンペーンをスタートしていきます。

【キャンペーン名】
ひろしまケンケンプロジェクト県民の健康寿命をのばそう!!

このキャンペーンは、広島県にお住まいの全視聴者と共に、テレビを通して楽しみながら取り組んでいくものです。

詳しくはこちら

◎県との連携協定

写真

広島テレビ放送株式会社(本社:広島県広島市、代表取締役社長:三山 秀昭)は、広島県民の健康寿命延伸に社会全体で取り組むため、広島県(知事:湯崎 英彦)と「健康寿命の延伸に関する連携協力協定」を締結し、3月2日に調印式を行いました。これにより、相互の連携を強化するともに、健康寿命の延伸を目的とした様々な取り組みを連携して推進してまいります。

詳しくはこちら