広島市広報番組 週刊ひろしマスター 広島のタウン情報誌編集マン 市島広が徹底取材! 放送:毎週火曜日 夜9:54〜10:00

第87号(2016年12月13日放送)セカンドライフの新しい働き方「協同労働」を取材!

安佐南区瀬戸内ハイツ集会所(広島市安佐南区伴東)

中村 能彦さん(協同労働モデル事業 すまいるワーク事務局長)
吉川 常雄さん(協同労働モデル事業 すまいるワーク代表)
石田 博嗣さん(広島市経済観光局 雇用推進課)

取材の合間に「協同労働」という形で起業した経営者の団体に出会った市島広。「協同労働」とは新たな活躍の場を求める高齢者の方たちが資金をだしあって事業を経営し、その活動を通して地域に貢献をしようとする働き方だと知る。事業の立ち上げに掛かる費用の一部を広島市が助成。現在、来年年1月10日まで受付ている。これは新しい働き方だと市島は確信した。