広島市広報番組 週刊ひろしマスター 広島のタウン情報誌編集マン 市島広が徹底取材! 放送:毎週火曜日 夜9:54〜10:00

第12号(2015年6月23日放送)豪雨災害の廃棄物処理と思い出の品を取材!

災害廃棄物中間処理施設(広島市南区出島)

岩本 安未さん(広島市 環境政策課)

昨年8月の土砂災害で出た土砂やがれきが今、どうなっているのか取材を始めた市島。災害廃棄物中間処理施設に行ってみると約58万トンの土砂やがれきが運び込まれ、手作業で分別されていた。そして、その後は約98.9%再利用されることを知る。また、被害に遭われた方の物であると思われるものを保管する施設もあり、市島は被害に遭われた方の立場に立っての作業が今も丁寧に行われていることを確信した。

※廃棄物中間処理施設内見学 受付については
TEL:082-250-8112
HP:http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1424932007330/index.html
※思い出の品 預かり所については
TEL:082-250-8139
HP:http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1424925233683/index.html
(広島市HP「思い出の品情報」検索)