広テレ!HOME

進め!スポーツ元気丸進め!スポーツ元気丸

放送時間:毎週日曜日 夜11時25分〜11時55分放送時間は都合により変更になる場合があります。

ピックアップ2017年6月25日放送

CARP

薮田和樹特集

薮田和樹 中継ぎと先発と両方経験させてもらってその中でいい結果が出ているので凄く充実していると思います。

ここまで先発、中継ぎ、さらにはスクランブル登板までこなしリーグ2位の6勝をマークしている薮田和樹。彼の活躍なくしてカープの快進撃はありえなかったと言っても過言ではありません。

薮田和樹 キャンプで先発ローテーションに入ることを目標にやって外れて、中継ぎになったら「もっといい場面で、もっといい場面で」と思って勝ちパターンで実際にもちょっと投げさせてもらったり、ロングにも回ったりしてポジションへもこだわりはなくなりました。いけと言われたところで自分の仕事をするという割り切りというか考え方が変わりました。

与えられたチャンスで確実に結果を出し続けている薮田。躍進の裏には、最大の武器へと進化させたあるものが大きく関係していると言います。

薮田和樹 2シームが決まる日は本当に調子がいいというか自信を持って組み立てができる日だと思っているので自分の生命線ぐらいに思っています。

薮田が生命線と語る球種。それは「落ちる2シーム」
奪三振41個のうち2シームを決め球にしたのは半分以上と絶対の自信を持っています。

大学時代の同級生、ベイスターズの守護神・山﨑康晃も勝負球に使っている落ちる2シーム。
そのルーツは亜細亜大学の先輩・東浜巨にありました。

薮田和樹 東浜さんが投げているのを見て、あの人はシュートするのと沈むのと使い分けているので、山﨑も自分たちに合っているのは沈む方だと思ってそっちばっかり投げています。大学で投げ始めて右バッターに対して投げて落ちずにホームラン打たれたことがあってそれが一番2シームを投げるうえで怖いなって思ったので、もっと広めにして落差をつけるようにして。

先輩の技を盗み、自ら改良を重ねた2シーム。
生命線ともいえる武器を手にし、与えられたチャンスを確実にものにしていきました。
しかし現状には決して満足していない薮田。更なる大きな目標へ向けこれからも突き進みます。

薮田和樹 今がチャンスだなとかピンチだなとか考えたことなくて最終的にどうなっていたいかだけを考えて、今年でいうと最初から最後まで1軍に居続けるってことが目標なのでそれだけしか考えてないです。カープのピッチャーと言ったら『薮田』って出てくるぐらいのピッチャーになりたいです。

これまでの放送