広テレ!HOME

進め!スポーツ元気丸進め!スポーツ元気丸

放送時間:毎週日曜日 夜11時25分〜11時55分放送時間は都合により変更になる場合があります。

最新の元気丸7月24日の放送内容

CARP

今週のカープ

月曜日。
2点ビハインドの7回、1点を返しなおもチャンスに鈴木。
ライトへの犠牲フライで同点に追いつきます。
そして9回。
大声援の中、試合を決めたのは新井でした。
自身8年ぶりとなるサヨナラホームラン。
劇的勝利でカープは後半戦・白星スタートをきりました。

火曜日は4回、ランナーを2人置いて田中。
ライトスタンドへ9号3ランホームラン。
この日は3本の3ランが飛び出すなど打線が11点を奪います。
大量の援護をもらった先発の岡田。
3点を奪われたものの自己最長タイ8回の力投で3勝目。
チームは20年ぶりの貯金21です。

水曜日は右肘のケガから復帰した大瀬良が今シーズン初登板。
しかし、3回を投げ4失点と試合を作ることができません。
打線は6回、2アウト満塁で丸が2点タイムリーヒットを放ち同点に追いつきますが延長の末、競り負け3連勝はなりませんでした。

金曜日のタイガース戦。
先発の野村が6回1失点と試合を作ります。
打線は2回、鈴木のタイムリーで先制すると、7番に入った安部もタイムリーを放ち2点を奪います。
結局4対1で勝利。野村はハーラートップの12勝目です。

土曜日。
黒田博樹3度目の正直へ、日米通算200勝を懸けマウンドに上がりました。
初回、ヒットとフォアボールで2アウトながら2人のランナーを背負います。
それでもツーシームでゴメスのバットをへし折りピンチを脱出。
タイガースに得点を与えません。
するとその裏、ルナが先制の3ランホームラン。
さらに3回には新井にもタイムリーが生まれるなど4点を追加。
チーム一丸となって偉業達成を大きく後押しします。
楽になった黒田は安定感抜群のピッチングを展開。
バッターを1人1人丁寧に抑えていきスコアボードに0を並べていきます。
結局、黒田は7回115球を投げ無失点。
3試合ぶりに白星を手にし野茂以来史上2人目、日米通算200勝を達成しました。
試合後、3万2000人を超える観客の祝福でマツダスタジアムが沸きました。

日曜日。
黒田200勝の勢いに乗って貯金を今シーズン最多の「23」に伸ばすことが出来るか。初回、2アウト1塁で4番・松山。
ライトへのツーベースヒットで3塁2塁とチャンスを広げます。
続く打席には、通算300本塁打に王手をかける新井。
ホームランとはなりませんでしたがタイガース先発・メッセンジャーから先制点を上げます。
しかし、先発・中村恭平が2回途中2失点で降板、2番手・九里も1点を失いなおも、1アウト満塁のピンチ。
ここは、大和をダブルプレーに仕留めます。
そのウラ、今度はカープが1アウト満塁とし、6番・鈴木。
レフトへの2点タイムリーヒット、同点に追いつきます。
再び1点を勝ち越された4回。
代打のルーキー・西川がライトフェンス直撃のツーベースヒットを放ちます。
送りバントで3塁に進め打席には菊池。
技ありのタイムリーで、再び同点とします。
このあと、丸のツーベースで3塁2塁とし、松山。
サード・新井良太のエラーでカープが再度、勝ち越しに成功します。
しかし、リリーフ陣が踏ん張れません。
6回、2アウト満塁のピンチで4番手・ヘーゲンズ。
原口に2点タイムリーを浴び再度逆転を許します。
さらに2点を追加され3点ビハインドとなった8回。
1塁2塁のチャンスで打席には、代打ルナ。
セカンドゴロに倒れ、反撃ならず。
シーソーゲームの末、敗れたカープ。
タイガース戦の連勝は「9」で止まりました。

SANFRECCE

今週のサンフレ

J1ダフォー

サンフレッチェコーナーJ1ダフォーは、4試合ぶりの白星となったセカンドステージ5節の神戸戦から。

FWピーター・ウタカ選手の先制ゴールをもちろん大吉です。
0-0の前半アディショナルタイム1分でした。けが人続出と五輪離脱で層の薄いDF層を受けて、リーグでは初のセンターバックとなった清水航平選手からのパスを、ウタカ選手は受けます。
トラップが相手DFに当たり、わずかなこぼれ球になる中、「考える時間はなかったが、相手の動きを見て逆をとった」というウタカ選手。
自分のもとにボールを手繰り寄せると、相手を一瞬で振り切り、ゴール前へドリブルします。
細かく、ボールに触りながらドリブルすると、左から右へカットイン、その刹那、右足を振り切るとボールはクロスバーをたたく鈍い音と共にバウンド。ゴールに吸い込まれました。
吉田安孝さんの「簡単に相手をかわしているように見える」という質問に、ウタカ選手は笑顔で「簡単ではない」といいながらも「ボールタッチには注意を払っている。そして相手の動きをよく見ている」とのこと。
これでリーグトップを独走する15点目。4試合ぶりのゴールがチームも4試合ぶりの勝利に結びつきました。
吉田さんも頼れるウタカに、まだまだ取ると予言します。
点取り屋のゴール復活で、夏休みのサンフレッチェが楽しみになってきました。

吉田コラム 広テレ!応援スタジアム!あなたのメッセージをお待ちしています。素敵なプレゼントも!

応援メッセージ募集中!

カープやサンフレッチェ広島への応援メッセージを受け付けています。
郵便
〒730-8575
広島テレビ「進めスポーツ元気丸」係
スタジオFAX:082-249-1292
※放送時間内にお願いします。
E-mail:genkimaru@htv.jp

赤ヘルじゃんメール

赤ヘルじゃん・ピックアッププレゼント・HPへのお問合せはこちらまで
E-mail:akaheru-jan@htv.jp
欲しいプレゼント、取り上げてほしいスポーツなど、元気丸へのご意見もお待ちしています。

Facebookで最新情報もチェック!