広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

12月21日放送 第137回 日本一の生産量くわい

芽が出たみためから、めでたい縁起物としておせち料理には欠かせない食材「くわい」。生産量日本一を誇る福山市では、いま収穫の最盛期を迎えている。その量はおよそ140トン。広島県内をはじめ、関東や北陸などにも出荷されている。福山の冬の風物詩、くわいの収穫の様子と磯辺焼きなどのアイデア料理を紹介する。

●糸永アナウンサーコメント

全国一の生産量を誇るふくやまの「クワイ」
実際にクワイ畑に入ってみて、冬場の収穫がどれだけ大変かその一部を感じました。
収穫したクワイはさらに一つ一つ丁寧に水洗いします。おめでたい「芽」が取れないようにするためです。さらに大きさを分けて箱に入れて出荷。この時期、睡眠時間約2時間ということも度々だということです。
クワイといえば、お正月のおせちのイメージですがポテトサラダの代わりに使うとかぼちゃのような甘味もあります。煮物ではなく、南蛮漬けにして甘酢に漬けても抜群においしく、まさに万能野菜です。
さらにSSサイズの小さなクワイは地元ならではの産物。素揚げにしておやつ、おつまみにも最適です。
福山のクワイをぜひご賞味ください。