広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

10月12日放送 第127回 水野勝成展

福山の初代藩主、水野勝成像に迫る特別展が福山城博物館で開催中です。
関ケ原の戦いで勝成が実際に着用していたとされる甲冑、「革包茶糸威二枚胴具足」について、学芸員の皿海さんが詳しく解説します。
最大の特徴は右脇の下にある穴で、これは鉄砲が貫通した跡だといいます。
11月13日までの特別展では、水野勝成と、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康ら天下人との関わりも紹介されています。

●糸永アナウンサーコメント

初代福山藩主、水野勝成展が現在福山城博物館天守閣で開催中です。
徳川家康のいとこであり、豊臣秀吉、織田信長ら天下人との深い関わりが魅力です。
展示されている水野勝成の鎧には鉄砲で打ち抜かれた跡がはっきりと残っています。
大怪我をしながらも命が助かり、その後80代まで生きぬいたのです。
生涯の前半は戦一色、後半は福山の街づくりに没頭しました。
同じ人物とは思えないくらいの生き方に驚き新たなハッケンの連続でした。
ぜひ、福山という地名の名付け親、水野勝成に触れてみてください。