広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

4月27日放送 第103回 松永合併50周年

江戸時代塩づくりで栄え、昭和30年代には日本一の下駄の町として知られた松永。そんな松永が福山市と合併して今年でちょうど50年。4月30日と5月1日の2日間松永合併50周年を記念するイベント「フレンドリーピックまつながカープヂェー」が開催される。
イベントの楽しみ方、裏方に回ってもてなす人たちを紹介する。

●糸永アナウンサーコメント

福山市が100周年を迎える今年、松永は福山市と合併して50年の節目の年を迎えます。
江戸時代には塩田で栄え、その塩田で使っていた木材を利用して下駄を作り、履物の街としても知られています。今は造船の町でもあり、外国人の方も多く暮らしています。
4月30日(土)5月1日(日)のイベントでは、異文化を食で体験できるブースも登場。
屋台ではアジアを中心に様々な国の料理を楽しめます。
私も一足早く出店する方の自慢の一品を頂きました。あまりにおいしく、ご厚意に甘えて少し分けていただき、晩御飯のおかずにもしました。お祭りのタイトル「カープヂェー」には「きょう一日を楽しみましょう!」という意味が込められています。1日中松永の町でで楽しみましょう♪