広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

2月10日放送 第95回 福山市の民生委員・児童委員

福山市では34の地区に877人の民生委員・児童委員が活動中です。それぞれの地域で皆さんの相談に応じたり、事案に関係する公的機関などへ「つなぐ」ことで悩み事の解決を手伝ったりしています。番組では、新市町網引地区の民生委員・児童委員の活動のひとつ「安心安全パスポート」の配布活動などを取材し、その意味や地域に根差した民生委員・児童委員の役割の重要性についてお伝えします。

●糸永アナウンサーコメント

1人暮らしの高齢者が増え、地域での見守り活動が重要視されています。
数日間家を空けるときには、民生委員や近所の方に一声かけてから出掛けると周りの方も安心するといいます。
実際にあった話ですが、事故で川に落ちたまま数時間が経過し、住所や名前もわからず、連絡を取るのに苦労したことがあるそうです。そのことを教訓に新市町では、「安心・安全パスポート」と題して、住所や名前、血液型などを書いたカードを配り、外出するときはカバンの中などに入れて持ち歩いてもらうようにしています。
高齢者だけでなく、朝は子どもたちの通学の見守りなどもしています。
民生委員が誕生して来年で100年になります。安心して暮らしていける身近な頼れる存在民生委員の皆さんの活動に感謝です!