広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

7月29日放送 第68回 あしあとスクエアオープン

7月4日福山市松永町に福山市松永はきもの資料館、愛称あしあとスクエアがオープンした。松永地域の産業支えた下駄・いぐさ・塩などの生産関連の資料を多く展示し、地域の歴史を文化を継承する資料館です。中でも見どころは履き物の展示。草履、下駄、古代の装飾品としての履き物やスポーツ選手のシューズまで履き物をテーマに幅広く展示している。

●糸永アナウンサーコメント

一昨年閉館した「日本はきもの博物館」が「まつながはきもの資料館」としてリニューアルオープンしました。
オープン当日に浴衣を着て下駄を履き行って参りました。
館内には世界中の履物が揃い、各地の珍しい伝統玩具、松永の産業の歴史が分かりやすく展示などで紹介されています。
宇宙服の靴やオリンピック選手のスケート靴などに感動しながら歩いていると見つけました!
男気、黒田博樹投手のスパイク。
投手のスパイクを間近で初めて見ました。右の足の内側が補強されていて、どれだけ足腰踏ん張って一球一球を投げているのかを感じました。
庭には、岡本太郎氏の「はきもの広場」があります。
この施設は個人企業が下駄づくりを始めて100年を機に、社会貢献として建てられたと聞いています。来年の福山市100周年を前に街の人たちに愛され協力を得てリニューアルオープンした素晴らしい施設です。
靴や玩具など身近でありながら滅多に観られない展示、岡本太郎氏の作品に実際に触れて遊べる超レア体験はオススメです。
ぜひ多くの方に知っていただき観てもらいたいです。