広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

5月27日放送 第59回 福山を知ローゼ 窪田次郎

福山市では、福山出身の偉人を漫画で紹介する「福山を知ローゼ」をこれまで2冊発刊しています。その第3刊目が発行されました。「窪田次郎」です。現在の加茂町粟根出身の医者であり、江戸時代末期から明治初期にかけて、啓蒙思想家としても活躍。後の自由民権運動のきっかけも作りました。番組では、窪田次郎ゆかりの地を訪ね、生前の秘話などを交えてお伝えします。

●糸永アナウンサーコメント

窪田次郎という方をご存知ですか?
井伏鱒二と同じ加茂町出身、井伏が子どもの頃に亡くなった福山の医師であり、教育者であり思想家です。
この度、窪田次郎の本が出版され、福山にこんなに進んだ考えの方がいたことを初めて知りました。
窪田次郎は、板垣退助の自由民権運動の前に選挙による議会を実現させた人物です。
そして、次郎の父は村の人たちからの寄付を受けて医師を志し、シーボルトから直接医学の教えを受けました。次郎は、父が村の人たちにお世話になったことを生涯忘れず、地域のために医療と教育に心血を注ぎました。窪田次郎のいくつかのエピソードから坂本龍馬を連想してしまいました。
もしかすると、今だからこそ改めてその存在が世に知られることが必要な人物なのかもしれません。