広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

9月3日放送 第23回 まつなが ゲタリンピック

下駄づくり日本一の名産地・福山市松永町では21日(日)に恒例イベント「ゲタリンピック」が開催されます。商店街の活性化を目的にスタートしたこのイベントは今回で21回目。当日はゲタにまつわる様々な催しが予定されています。番組では、名物競技・ゲタとばしの名人を招き、そのコツや魅力などをお届けします。

●糸永アナウンサーコメント

全国的にもユニークなお祭り、ゲタリンピックをご存知ですか?なぜ松永でゲタなのか?
実は、かつて松永には日本有数の塩田があり、塩を煮詰めるための薪を使って下駄を作ったのが松永の下駄づくりの始まりということです。今でも全国シェア6割を誇っています。
日本が誇る伝統の履物ゲタを使ったユニークな競技がいくつもあり、当日参加も可能です。
私が今回取材で挑戦したのは、子どもの頃に「あ~した天気にな~れ!」と靴を飛ばした遊びがそのまま競技になった「ゲタ飛ばし」です。福山在住の世界記録保持者に指導してもらっての飛距離は10メートルあまり!初めてにしては上出来だとやる気を引き出していただきましたが、思った以上に軽い下駄を遠くに飛ばすのは至難の業です。チャンピオンは40メートル以上飛ばせるということです。チャンピオンは、スポーツなどの経験は一切なしの30歳代。足のスナップをうまく利かせてコツさえつかめば、世界チャンピオンになれるかも!!挑戦してみませんか?