広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

7月2日放送 第14回 景観まちづくり学習

福山市では、小学生が自分たちの住む町の景観を改めて見直して、地域に対する誇りや愛着を育むための総合学習「景観まちづくり学習」を推進しています。今回番組では、今津小学校の活動を取材。子どもたちが何を感じたのか、今津地区の歴史と一緒にご紹介します。

●糸永アナウンサーコメント

今住んでいる町の景色は好きですか?
今津小学校では、近くの神社や古い建物などを見て歩き子どもたちが調査結果を発表する授業が開かれました。6年生の小川淳永くんは、福山市の天然記念物になっているハクの木のことを知り、平本祥大くんは、江戸時代にお殿様が今津に滞在したという話に興味を示しました。案内役を務めた地域の方は「子どもたちと触れ合えてよかった。子どもたちが大きくなった時、今度は子どもたちに語っていって欲しい」と話していました。
私自身もこれまでの歴史と先人の暮らしの上に今の町の姿があることを感じ、今後どうしていきたいか?自分たちの町を知ることの大切さを学びました。