広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

4月16日放送 第3回 日東第一形勝 鞆の浦

福山市鞆町にあるお寺「福禅寺」。本堂に隣接した「対潮楼」は、鞆の浦を代表する観光名所です。こちらの施設内には「日東第一形勝」と書かれた木版があります。古くから国内外との交易で栄えた鞆の浦で対潮楼は朝鮮通信使の迎賓館としての役割を持ち、彼らが見た美景への想いが木版に込められていました。鞆の浦ならではの絶景とともにお届けします。

●糸永アナウンサーコメント

「日東第一形勝」と朝鮮通信使が称え、朝鮮より東で最も美しい場所と言われているのが、鞆の浦の「対潮楼」。この言葉が残されたのは300年以上前の江戸時代のことです。
なぜ、今に伝わっているのか?実は、対潮楼を訪れた漢詩人、菅茶山が今から約100年前この景色を後世に伝えていこうと鞆の浦でスポンサーを募り、「日東第一形勝」という文字を木の版画にして残したからなのです。そして、その木版の裏には菅茶山の言葉が刻まれているのです。その言葉とは?素晴らしい景色を後世に伝え残していこうとした菅茶山の情熱を感じながら、対潮楼からの風景を眺めました。時間により、季節により、海の色や山の色が変わっていつまで眺めていても飽きません。
鞆の浦に行かれましたら、ぜひ立ち寄っていただきたい場所です。