広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

3月15日放送 第149回 会社経営で地域おこし 山野中学校

福山市立山野中学校では、生徒たちが「模擬株式会社」を運営しています。会社の名前は「山野アクティベーション」。オリジナル商品を考え、その商品を生産し販売をしています。社長を始め、ファイナンス部、アイデア部、セールス部など生徒自身が役割を持って活動しています。また1株100円で株券を発行し地域の方々などに購入してもらい活動資金にしています。商品は山野に自生するガンピ(和紙の原料)を加工した和紙はがきなど。番組では、山野中学校の活動の様子をお伝えします。

photo

糸永「何部ですか?」
生徒「ファイナンス部です!」
野球部やテニス部ではなく、ファイナンス部やセールス部といった答えが飛び出してくるのが、福山市立山野中学校です。2年前から中学校で模擬会社を運営しています。会社名は「山野アクティベーション」。地元で採れる和紙の原料などを使って、山野町ならではの商品、絵葉書などを作って地域のお祭りなどで販売しています。「経営状況は?」の質問にも「経営は順調です」と即答。頼もしいかぎりです!!一株100円の株券を発行し、その資金をもとに生徒たち自ら商品開発から販売まで会社を運営しているということで、私も株主になりました。たとえわずかな株でも経営に関心を持ってこれからの「山野アクティベーション」を応援していきたいと思っています!