広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

12月14日放送 第137回 2013ふくやま人権・平和フェスタ

福山市では、人権週間のメイン行事として「2013ふくやま人権・平和フェスタ」を開催します。「先住民族アイヌと福山の出会い」をテーマに講演会が開かれ、ステージ発表や展示も行われます。人権週間にちなんで、全国中学生人権作文コンテストが行われ、福山市内25校から2,143点の作文が寄せられました。そのうち1点が法務大臣賞に輝きました。番組では生徒のもとも訪ねます。

2013ふくやま人権・平和フェスタ
日時:12月15日(日) 9:30~15:30
入場料:無料
会場:福山市人権交流センター
●お問合わせ
福山市人権交流センター
TEL:084-951-5700

photo

今回は、全国94万の作文の中から第二位「法務大臣賞」を受賞した福山市の中学1年生後藤泉稀さんを訪ねました。
後藤さんが通っている盈進中学校には、人権・平和を研究するヒューマンライツ部があり、元ハンセン病の患者さんと17年間交流を続けています。
後藤さんは、交流の中でハンセン病を理由に奥さんや家族と引き離され病院に隔離された元患者さんの事実を知り、間違った知識や行動が差別を生むこと、真の勇気を持つことの大切さを切々と綴っています。後藤さんの母親も同じ中学、同じヒューマンライツ部で活動していたということで、話してみると人の役に立ちたいという気持ちや常に相手を思いやる心を持っていることに感心しました。
「人権・平和フェスタ」では、アイヌの歴史、文化、そして刺繍の教室なども開かれます。
正しい知識、そして興味深いお話が伺えそうです。