広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

6月29日放送 第113回 新市町の今昔

福山市しんいち歴史民俗博物館で福山市と新市町の合併10周年を記念した「写真で見る新市町の今昔」が開かれています。展示されているのは大正から昭和初期の写真や書籍などあわせて約100点、新市町内外から集められた貴重な資料です。大正10年頃撮影の橋。昭和初期の新市の街並みを伝える写真。娯楽の中心、新市劇場のチラシ。繊維の町として賑わった新市の活気ある情景を伝える展覧会です。番組では地元の方々の思い出話などを交え新市の歴史を振り返ります。

写真で見る新市町の今昔
会期:7月15日(月)まで ※月曜休館
開館時間:9:00~17:00
入館料:無料
●お問合せ
福山市しんいち歴史民俗博物館
TEL:0847-52-2992

photo

城山から見る新市町の風景は、いつ見ても心が和みます。
緑深い山の麓に広がる集落と神谷川の流れ。福山が誇る繊維の街です。
福山市と合併して10年を記念して開かれている写真展には、戦前戦後の写真も地域の方から提供されています。
新市の中心部には劇場があり、舗装していない道路をボンネットバスが走り、人々が活気に満ち溢れている様子が伺えます。60年前の写真を提供した方々にお話を伺うと、当時、繊維関係の仕事に就いている人が多く、その方も月のうち半分くらい全国各地に営業で飛び回っていたそうです。今もその頃、ともに活動した青年団の仲間と協力し合って町のために尽くしていらっしゃいます。今も昔も変わらない人情と町の歴史を発見した今回の取材でした。