広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

5月18日放送 第107回 鞆の浦 観光鯛網

380年の伝統を今に伝える福山・鞆の浦の観光鯛網。初夏の風物詩です。外洋で冬を過ごした鯛は初夏、産卵のため鞆の浦沖へやってきます。その魚群を待ち構えて捕えるのが鯛網です。その伝統漁法を往時の姿そのままに再現し、海の上から見学するのが観光鯛網です。番組では観光鯛網を密着取材。実際に漁師に混じり網引きも体験します。鯛が上がるとそのまま船上にて即売会も開催されます。お土産として鯛を持ち帰ることも可能です。鯛網の魅力を存分にお届けします。

photo

取材の翌日、鞆の浦の鯛網に県外の方を案内してきました!
穏やかな瀬戸内海の景色と威勢のいい漁師さんたちの声、網にかかった桜鯛に圧倒されていました。
私は初めて鯛網の網を引き上げる作業を希望して、網引きに挑戦しました。
思ったよりも網が太く、不安定な船上で網を上げるのは大変でした。
時折、漁師さんたちの怒号も飛び交い迫力がありました!!
引き揚げた鯛は、その場で、一匹1000円で販売しています。私も購入し、夜は刺身と吸い物にしていただきました。しっかりと脂が乗って歯ごたえもよく瀬戸内の旬を舌で感じました。
380年もの間受け継がれている鞆の浦の鯛網は、機械を使わずすべて人力です。
他では見られない伝統漁法をぜひ見にいらしてください。