広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

3月23日放送 第100回あなたは大丈夫ですか?悪質商法

今週の動画

動画を再生する

今週のフォト

写真

放送内容

突然、家に販売員が訪ねてきて、やさしい言葉をかけられたり、電話で儲け話を持ちかけられたりしたことはありませんか。それは、もしかすると悪質商法かもしれません。福山市役所の1階にある福山市消費生活センター。1年間で約6,000件もの相談が寄せられます。その中で近年増加しているのが悪質商法に関する相談です。番組では消費生活専門相談員に悪質商法の最新手口を尋ね、その対策法を伝えます。

 

お問合せ

福山市消費生活センター
相談受付時間:8:30~16:30
休所日:土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
TEL:084-928-1188

出演者コメント

以前は「悪徳商法」という言葉をよく耳にしていた記憶があります。
公的には悪質という言葉を使うと今回の取材で改めて知った「悪質商法」について消費生活センターの方にお話を伺いました。
お年寄りを狙った悪質な押し売りや、振り込め詐欺などのイメージがありましたが、ターゲットは幅広く、手口は進化しています。
突然エアメールが届き「海外の宝くじ高額当選の権利があなたに与えられています。確保するためには2000円の振込みが必要」という内容だそうです。
普通に考えると宝くじは「買わなきゃ当たらない」はずですが、海外のよく分からないシステムを告げられ郵送されているということで信じ込んでしまうようです。しかも2000円くらいで当たる可能性があるなら…と思わせるところもかなり悪質です。
福山市の消費生活センターには悪質商法にひっかかり、老後の生活のために貯めた約5000万円もの大金を失った人も相談に来られたとのことです。
手を替え品を替え新たな手口で迫ってくる「悪質商法」。
自分には関係ないと思わず、変だなと思ったらすぐに、誰かに相談することが大切だと感じました。