広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

2月9日放送 第94回登録型本人通知制度

今週の動画

動画を再生する

今週のフォト

写真

放送内容

福山市では2月1日から「登録型本人通知制度」を開始しました。この制度は、戸籍謄本などの証明書を代理人や第三者に交付したときに、事前に登録した方へ、その事実を通知するものです。証明書の不正取得により、個人の人権が侵害されることを防止・抑止するための制度です。番組では市民課を訪ね、制度の概要・登録の方法などを紹介します。

お問合せ

登録型本人通知制度
○登録できる人:福山市に住民票または戸籍がある人
○登録手続き:受付窓口などで申請
▼受付窓口
市民課・松永市民課・北部市民課・東部市民課
神辺市民課・新市支所・沼隈支所・鞆支所・内海支所
芦田支所・加茂支所・水呑分室
福山市市民課
TEL:084-928-1057、084-928-1058、084-928-1059

出演者コメント

初めて聞いた言葉でした。「登録型本人通知制度」どんな制度なのか?何のために始まったものなのか?質問ばかりが頭に浮かびました。この制度は、自分以外の第三者などが戸籍謄本などを請求した場合、をれを本人に通知してくれるというものです。なぜそんなことをするのか?実は、自分が知らないうちに身元調査をされ、事件に発展した事案が各地で起きているからです。人権にかかわる大切な制度です。「身元調査をさせない、許さない」ということを主張する意味でも登録することが大切だと感じました。