広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

12月1日放送 第85回インフルエンザと肺炎の予防

今週の動画

動画を再生する

今週のフォト

写真

放送内容

本格的な冬の到来とともに気になるのがインフルエンザ。今回は福山市のインフルエンザと肺炎の予防策を紹介します。福山市では、高齢者や1歳から小学校6年生までの子どもを対象に予防接種を行っています。65歳以上の高齢者は1,000円の自己負担でインフルエンザワクチンを接種できます。また、1歳から小学校6年生までの子どもは、1回につき800円の補助を2回受けることができます。さらに、インフルエンザとの合併症が心配される肺炎を予防するための肺炎球菌の予防接種も行っています。こちらは、75歳以上の高齢者が対象で3,000円の補助を行っています。番組では医師に予防接種の必要性もお聞きしています。

お問合せ

福山市保健予防課
TEL:084-928-1127

出演者コメント

寒くなってくると気になるのがインフルエンザです。今回、福山市民病院の下江医師に予防接種について実際にはどのくらい効果があるのか伺いました。下江医師は、感染を防ぐことは難しいけれども、重症化を防ぐには効果的だと話していらっしゃいました。例えば、熱が40℃くらい出るところを、2,3度低く抑えられるとか、高齢者であれば、肺炎を予防することができるなどです。
また、インフルエンザが引き金となり、肺炎を起こして死亡する高齢者が増えているということです。肺炎のもとになるインフルエンザを予防し、かかっても重症化にしないよう、日々の心がけも大切だと感じました。しっかりと予防してこの冬を皆さん一緒に元気に乗り切りましょう!