広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

8月11日放送 第69回家庭でできる食中毒の予防方法

今週の動画

動画を再生する

今週のフォト

写真

放送内容

高温多湿な夏場は食中毒の発生しやすい時期です。番組では福山市保健所を訪ね家庭でできる食中毒の予防方法を聞きました。食中毒予防には3つの原則があります。食中毒菌を「つけない」「ふやさない」「やっつける」です。その中で一番重要なポイントとなるのが手洗いです。糸永アナが実験を行い、どのように手を洗うと洗い残しがないかを探ります。

お問合せ

福山市保健所生活衛生課
TEL:084-928-1165

出演者コメント

食中毒予防の3原則をご存知ですか?「つけない」「ふやさない」「やっつける」だそうです。食中毒の菌は、増えていても目に見えず、食べ物の味や色や臭いが変わらないという曲者です。「つけない」ための普段の手洗い、「ふやさない」ための冷蔵保存、「やっつける」には、加熱と消毒が必要だと食中毒予防の基本を教えていただきました。ついうっかりしてしまうのは、食べ物を常温放置したり台所用スポンジを除菌せず湿ったままにしておいたり…夏バテで抵抗力が落ちている時期だからこそ、改めて日々の心がけが必要だと感じた取材でした。