広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

3月24日放送 第50回福山市次世代エネルギーパーク

今週の動画

動画を再生する

今週のフォト

写真

放送内容

福山市の箕沖町エリアはリサイクルプラザ、メガソーラーなど環境関連施設が集積し見学できることから次世代エネルギーパークの認定を受けました。番組では、それらの施設の中からいくつかを訪ねます。まずは福山市リサイクルプラザ。玄関前に太陽光と風力によるハイブリッド発電機の街灯を設けています。今話題のメガソーラーが中国電力の太陽光発電所。その出力は3,000kW、年間で一般家庭およそ1,000世帯分の電力をまかなえる計算です。今回は次世代エネルギーについて紹介します。

お問合せ

次世代エネルギーパークの環境関連施設を見学に行こう!
実施期間:2012年5月1日(火)~2013年3月29日(金)
対象:20人から50人 ※自治会などの市民団体
見学施設:福山太陽光発電所、リサイクル工場、福山市ごみ固形燃料工場、福山リサイクル発電所など
環境啓発課
TEL:084-954-2619

出演者コメント

「雨の日も発電できる!」太陽光発電パネルの進歩にびっくりしました。
16,544枚のパネルが並ぶ福山市箕沖のメガソーラーには、リアルタイムの発電量がひと目でわかるボードがあり、自然の力で生み出されている電力を知ることができます。また、箕沖のリサイクルプラザの玄関には、変わった風車があります。太陽と風両方の力で発電するハイブリット式の発電システムです。ハイブリット発電は、太陽の日差しがなくても風があれば、風がなくても晴れていれば発電ができるというものです。無料バスツアーも行っています。関心のある方は、福山市環境啓発課に問い合わせてみてはいかがでしょうか?