広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

2月25日放送 第46回春の火災予防運動

今週の動画

動画を再生する

今週のフォト

写真

放送内容

3月1日から春の火災予防運動が始まります。番組では福山地区消防組合消防局を訪ね、火災予防のポイントを聞きます。重要なのが「うっかり」。例えば天ぷらを揚げている最中に電話や来客があり火をかけたまま台所を離れる。こうした「うっかり」をなくすだけで火災を防げるとのことです。また、昨年6月に設置が義務化された住宅用火災警報器。その注意点が点検と清掃です。1年に一度は警報器の動作点検、そして、ほこりやクモの巣がついてないか清掃をしましょう。

お問合せ

春の火災予防運動
期間:3月1日(木)~3月7日(水)
福山地区消防組合予防課
TEL:084-928-1192

出演者コメント

火事になりそうだった、ひやっとした経験についてインタビューすると、台所で鍋を火にかけていて、ついうっかり他のことに気をとられていたという方、アロマキャンドルの近くに燃えやすいものを置いていたという方がいらっしゃいました。福山市消防局によると、去年から火災警報器の設置が義務付けられ、外出中のお宅で警報器が鳴ってるのを、通行人の方が気付いて119番通報したなど、火災警報器が役に立ったという例が報告されています。ついうっかりが思わぬ火災につながります。乾燥した日、風の強い日はもちろん、普段から火の用心を心がけようと再認識した取材でした。