広テレ!HOME

ハッケンふくやま 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~

6月4日放送 第10回母への愛にあふれた はらみちをの世界

今週の動画

動画を再生する

今週のフォト

写真

放送内容

ふくやま文学館で7月3日(日)まで開催中の「はらみちをの世界」でハッケンです。幼い時「脳性小児麻痺」と診断されたはらみとをさん。その後、学校へは母に背負われて通うなど、まさに「母の愛情」に支えられて生活を送ってきました。はらみちをさんが創り出す詩や絵にはそんな母親に対する愛情が滲み出ています。「お母さんと子」「ふるさとのぬくもり」をテーマにしたはらみちをさんの作品の特徴を、ご本人のインタビューも交え紹介します。

お問合せ

ふくやま文学館
住所:福山市丸の内1丁目9番9号(福山城の北側・福山駅から徒歩8分) TEL084-928-1192
会期:7月3日(日) 観覧料:大人500円 ※高校生まで無料
開館時間:9:30~17:00 休館日:月曜日 ※5月2日は開館

出演者コメント

まあるい母の顔が優しく微笑み、その季節、時間、草いきれや風の音まで聞こえそうな温かい絵…はらみちをさんの作品を初めて拝見しました。こんなにも母親を優しく描けるなんて…私は思わず『母ちゃん、この前、ちょっとキツイ言い方してごめん』と絵に語りかけていました。どんなお母様だったのかご本人に伺うと、一番心に残っているのは『みちをのことを頼りにしてるよ』という言葉だそうです。頑張れでも期待しているでもなく、頼りにしていると母親に言われた時、みちを少年は自分に誇りをもてたと話してくださいました。
はらみちを展は、7月3日(日)まで開かれています。